金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年11月30日

●意識を高める稽古をさせて頂く

 日常生活を送る中で、電話を掛けながら、ちょっと物を置いたら、置いた場所を忘れてしまったり、考え事をしながら物を収納したら、収納した場所を忘れてしまうということはありませんか?何か他のことをしながら行動すると、次の瞬間に忘れてしまっているものですね。

★毎日習慣のようにしていることは、無意識のうちに行っていることが多いそうです。日々の生活で、無意識にしていることが、8割ほどもあるようです。「どこへ行った?」と探し回らなければならないのは、意識が足りないのですね。一つ一つ真剣にお願いして、物事をさせてもらうということは、意識を高めていくということになり、漏れや抜けのないようにさせて頂くことが出来るのです。そうすれば二度手間三度手間がなくなりますね。そうした毎日の鍛錬が、様々な場面に現れてきて「あの人に頼んでおいたら、間違いない」と言って頂けるようになっていくのです。

★毎日生かして頂いていることのお礼を申し上げると同時に、目が覚めたら、今日も目が見え、耳が聞こえて、口から食事を頂けることをお礼を申し、手足が動いて、思うように好きな所に行かせて頂けるお礼を申し、毎日当たり前のようにさせて頂いていることを、心から御礼申させて頂きましょう。それは、意識してお礼を申す稽古をしてゆくことになるのです。

★毎日させて頂けていることの有難さ、その有難さが年々大きくなっていき、より一層有難く喜ばせて頂けるような、喜び上手になれるようお願いさせて頂きましょう。そして喜ぶことが身に付いて、去年は喜べなかった事も喜ばせて頂けるような、おかげを頂いていきたいですね。

★来年は阿倍野教会開教100年の記念のお年であります。「何が何でもさせてもらおうという心があれば、神様はおかげを授けて下さり、させて下さる」と教えて頂いております。素直な信心をさせて頂き、本気になってお願いさせて頂きながら、おかげを蒙らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:05 | 令和3年の「み教え」