金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年08月09日

●良いご縁に従ってゆく

昨日は、みかげ会例会が開催され、森田氏の有難いおかげ話を聴かせて頂きました。

★森田氏は、開業医をなさっておられたお父様の跡を歩まれて、幼少の頃より医学の道に進まれ、大学卒業後、放射線医学教室に入局し、放射線科医としての一歩を踏み出されました。その後、研修、放射線診断学の研究、診療経験を積まれ、昭和59年に神戸大学医学博士の称号を頂かれまして、国立神戸病院(現・神戸医療センター)に放射線科ひとり医長として就任なされました。

★神戸医療センターの近くに神戸総合医療専門学校があり、その診療放射線技師の学生グループ6〜8人の生徒が、森田氏の勤務している放射線科に、学外へ臨床実習を受けるため、実習生として送り込まれてきました。その学生さんの中の一人に、親御さんが熱心な金光教阿倍野教会の信者さんのお子さんがおられ、その学生さんから阿倍野教会の存在を知ることとなられたのです。森田氏は、小さいころから人間の物差しでは計り知れないような大きな存在や、人や物の縁のような説明の出来ない力に、少しでも近づいてみたいといつも思っておられたそうです。その学生さんから、阿倍野教会のことを聞かれ、何が何でもご門をくぐってみたいと思われたのが、阿倍野教会とのご縁の始まりだったそうです。それから30年ご信心が続かれ、現在では、毎年、年2回、「みかげ会のやさしい生活講座」の講師の御用にお使い頂いておられます。

★参拝の度にお取次ぎを頂かれて、平成24年に副院長、平成27年には院長に就任されました。院長就任時は大幅な赤字病院でしたが、「退職までには黒字になるよう実現のお願い」をなされ、二年後には黒字化実現のおかげを頂かれました。定年延長のおかげも頂かれまして、平成31年無事退職させて頂かれたのです。

★入信されてみ教えを頂かれ、「現在頂いている御用でお役に立てますように」「御礼に働かせて頂けますように」とお願いなさったことにより、神様が引き上げて下さり、人から用いて頂かれ、重責を担いながらも現場でお役に立つことが出来られたのです。現在も第一線でお役に立っておられます。

★森田氏は、どんなご縁でも大切になさって良いご縁に従ってゆかれ、行くところ行くところ喜んで、お役に立っておられるのです。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:10 | 令和3年の「み教え」