金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年04月08日

●御大祭を機に改まったご信心を

 昨日は、御本部の天地金乃神大祭に、二名が代表参拝させて頂きました。御大祭は、各家庭が入信の以前から入信の後、そして今日まで、どのようにおかげを頂いてきたかを振り返らせて頂いて、お礼を申させて頂く大切なご祭典です。

★私達は、初心を忘れていないでしょうか?初心とは素直さ・謙虚さ・熱烈さ・純真さ等々、そうした大切なものです。穢れや混じりのない無垢な心というのは、なかなか保ち難いものですね。「お礼の心に満ち満ちて」「喜びに満ち満ちて」という言い方をさせて頂きますが、一瞬はそのようになれても、その後すぐに心が変わってしまうことはよくあります。常に変わらないように、心のおかげを頂いていくことは、簡単ではありません。「有難いの一心」にならせて頂けるよう、毎日が和らぎ喜ぶ心にならせて頂けるよう、稽古を続けさせて頂くことが、私達の日々のご修行です。

★健康な状態にならせて頂くには、そのおかげを頂く基がありますね。お礼を申すべきところに、お礼が申せていないという生活を改めることで、おかげを頂く生活になっていきます。結構な生活が続かないということは、どこかに積もり積もったご無礼があるはずです。それが体に現れて、仕事に現れて、生活に現れるのです。これまでのお礼をしっかりと申し上げることが出来るように、良い機会を神様が与えて下さっているのです。その機会を与えて頂いていることを喜んで「考え直しをし、改まる機会を与えて頂いて有難うございます」とお礼を申し上げる心にならせて頂くと、次の段階へ進ませて頂けます。改まりが出来ていくからこそ、一段一段信心が向上していくのです。

★福田美亮師がみ教え下さっていますように、御大祭を機に、自身の生活が不足がちになっていないだろうか?と自分自身に問いかけ、自分の過ちに気が付かせて頂いて「こんなことでは相済まん。申し訳ございません」と心を改めることが改まりの信心です。目の前に神様から突き付けて頂いている信心の課題は「おかげにさせて頂けよ」と与えて頂いているのですから、改まった心持ちでご信心をさせて頂きましたら、改まったおかげが頂けるのです。

★御大祭を機に、一層改まっておかげを蒙らせて頂こうという心が、有難い御比礼を頂いていく元になっていくのです。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:08 | 令和3年の「み教え」