金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年02月19日

●神様は全てをご存知であられる

 先日、税理士の方にご確認・ご指導を頂きまして、国と御本部に提出させて頂く会計の決算書類を整えさせて頂きました。その際、税理士の方より、「全く数字に間違いがなく公私混同のない帳簿の内容で、大変結構ですね。」と、仰って頂きました。以前にも税務署の方から、「公私混同のない内容で大変結構です。」と仰って頂いたことがあります。それは、神様を目当てにさせて頂く、つまり、神様から見て頂いてご安心頂けることを、いつも念頭におかせて頂いているおかげであると、改めて有難く思わせて頂いたことでした。

★以前に、真栄根館の地下の厨房の改修の際に、私共から保健所の方にお願いして、ご指導を受けたことがありました。そうしますと、世の中の標準となっている考え方や、調理の方法、設備が欠けているところ等を、いくつもご指摘頂きました。そこで早速、ご指導頂いた通りに一つ一つ改めて整え、改修をさせて頂き、再び保健所の方に確認に来て頂きますと、「大変結構です。このように、こちらの指導したことを100パーセント守って頂いたのは初めてです!」と、大変喜んで頂いたことでした。神様から見て頂いて、決してごまかし等のないよう、教えて頂いたことを素直に有難く守らせて頂くことによって、神様のお守りを十分に受けさせて頂く受け物が作らせて頂けるのだと思います。

★家庭でのことも、仕事の上のことも、人から見られている時も、見られていない時も、神様は全てをご存知であるということをいつも忘れず、どんな時にも実意・丁寧・正直・親切に、神様にご安心頂ける生き方にならせて頂きたいと思います。

★『神様を拝礼するには、此方では別に決まりはない。実意丁寧正直、真一心がかなめである。日々生かしてもらっているお礼を申し、次に、お互い凡夫の身であるから、知らず知らず、ご無礼お粗末お気障りなどをしている道理、それをお断りおわび申して、それがすんだら、身の上のことを何かと実意をもってお願いさせてもらうがよい』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:57 | 令和3年の「み教え」