金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年09月28日

●常に自分の生活を見直す

『今の世は知恵の世、人間がさかしいばかりで、わが身の徳を失うておる』『今の人は何でも時勢時勢というけれど、時勢に合うたばかりでも、ご神徳をいただかなければおかげにはならない』

★色々と研究開発をさせて頂くということでも、天地の道理に基づいてさせて頂きませんと、自然のバランスを壊してしまい、環境を破壊し、全ての生物の生命や人間の生活を脅かしてしまうということになりかねません。また、世の中に合わしてばかりいますと、流されてしまう部分があります。大切なところを忘れてしまって、その時の流行に走ってしまったり、価値観が変わってしまうことも往々にしてあります。物の使いようにしても大量生産・大量消費と、次々と捨てて産業廃棄物やゴミの山を作り、ゴミで埋め立てられたところがどんどんと増えていきますと、自然を破壊し水質や空気を汚染し、公害を生み出してしまうというようなことも起こってきます。ダイオキシンの問題や環境ホルモンの問題、近年ではマイクロプラスチックによる汚染も報道されていることです。天地の道理に基づかない生き方というのは、そうしたものを生み出してしまうのです。

★私達信者一同は、実地の学問を重ねて過去を振り返りながら、日々の生活の中で、神様を目当てに、天地の道理を中心にした生き方をさせて頂かねばなりません。どのようにバランスを取らせて頂いたら道理に適った生き方になっていくのか、どういうことを心掛けていけば、神様のお心に適う生き方になっていくのか、ということを考えさせて頂くことが必要です。

★『実意丁寧、これが金光様が神様からご信用を受けられて生神様になられたもとじゃ。天地金乃神様を信心する者は、このもとの実意丁寧を一番に見習わねばならぬ』この実意丁寧なあり方を実践させて頂こうと思いましたら、なかなか難しいのです。紙一枚も粗末にしないように、そのように心がけてさせて頂いているつもりでも、物があふれておりますから、浪費をするということも毎日の生活では起こってしまう部分があります。そうした中で、毎日何を大切にさせて頂かねばならないかということを常に考え直しをさせて頂かねばなりません。

★「もうこれでよい・・・」と思っておりましたら、いつの間にか御無礼不行き届きなところがたくさん積み重なってしまい、それが身体に生活に病気・災難として表れてくる、ということが起こってきます。そうならないようにおかげを頂いてゆかねばなりませんね。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:00 | 令和2年の「み教え」