金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年09月21日

●縁に繋がる人々の助かりをお願いさせて頂く

先日、出野氏の3年祭がお仕えになられました。出野氏は大変熱心なご信者で、京田辺市に転宅なさっても、毎朝日参と聴教に励まれ、周囲の方々をお導きなさったのです。その後、娘さん夫婦の転勤により三重県名張に引っ越されても毎朝参拝され、その道中の電車の中で親しくなられた方々に親切丁寧になさって、その方々の悩んでおられることを親身になって聞かれ、助かりを願われたのです。そうして、親切になさる出野氏のお人柄によって、「是非ともお参りさせて頂きたい」と願われ、お導きが出来てゆかれたのです。共に手を取り合って参拝なされ、有難いみ教えを頂かれまして、それぞれのご家庭が立ち行きのおかげを頂くことになり、今日も信心が続いておられるのです。

★誰もが生まれながらに有り難い「神心」を頂いています。日々、日参と聴教に励み、お取次を頂いて、神心を大きく育てさせて頂きたいと思います。人のお世話をさせて頂きますと、有り難いことに自分を見直すことが出来ます。自分がどれだけ人のお世話になってきたか、どれだけの恩恵を受けてきたかが分からせて頂けるのです。すると、「人のお世話をさせて頂かなければ相済まない」という気持ちになってきます。出野氏のように、電車に乗っているときも、病院の待合室で座っているときも、常に周囲の人の助かりをお願いさせて頂くことが出来れば、そのお徳は周囲の方々に伝わり、家族親族、縁に繋がる方々が皆おかげを頂かれて、結構になってゆかれるのです。


1、惻隠の心…慈愛の心。かわいそうだと思う心。(仁)

2、羞悪の心…己の悪を恥じ憎む心。(義)

3、辞譲の心…辞して譲る心。(礼)

4、是非の心…善悪(是々非々)を判断する心。(智)
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:42 | 令和2年の「み教え」