金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年07月04日

●天地の道理に適った生き方に

 このお道では、天地の道理に適った生き方に改まっていきなさいよと教えて下さっているのです。天地の道理に適った生き方をさせて頂きますと、私達の身心を健康に、生活を健全に保たせて頂くことが出来ます。お仕事の上では、必要な力を発揮させて頂くことも出来ます。心の持ちようだけを教えておられるのではありません。生活に密着して、実生活そのものを道理に適った生き方に変えていくのです。それが代々続かせて頂きましたら、体質も性質も改善させて頂ける、尊いご信心を教えて頂けるのです。ですから、一生懸命にみ教えを頂かれて、み教えに即した生活に改まらせて頂こうと御修行を心掛けていくことは、家族全体、親族全体、子供や孫までが結構になっていくのです。

★信行期間は、神様により一層にお礼を申し上げ、神様にお喜び頂けるような報告がさせて頂ける私達にならせて頂けますように、という願いに基づいて今日まで続いております。心からお礼を申しながら、日参と聴教に励ませて頂いて、本当に神様にお喜び頂けるような信心に、進ませて頂けるように願わせて頂きましょう。

★『日々がさら』というみ教えは、昨日までの自分に依存しない生き方を教えて頂いているのです。日々、新しく生命を頂いているという心で、一段と信心を進めさせて頂くつもりで、謙虚に頂き直していく姿を教えて下さっておりますから「ああしてきた、こうしてきた」ということに、あぐらをかいていない姿です。それは、自ら求めてご修行させて頂く姿ですね。

★常に神様に心が向かわせて頂いて、日に日に新たな求め方・頂きようがさせて頂けますように、稽古をさせて頂きましょう。「さあ、今日も一日、おかげを頂こう!」「お礼のご信心を進めさせて頂こう!」「今日も有難い心に満ち満ちて、天地の道理に適ったみ教えを、しっかりと生活の中に表させて頂けるように、心掛けさせて頂こう!」と、み教えの実践に心を配れるよう、一日一日ご信心を進めさせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:54 | 令和2年の「み教え」