金光教阿倍野教会ページ内リンク


2019年08月05日

●家業繁盛の元

 製造業を営んでおられたあるご信者の会社が、会社の存続に関わる程の大きな不渡りを受けてしまわれたことがありました。お結界でみ教えを頂かれて、改めて会社全体を見直されると、改まるべきところが次々と見つかったのでした。工場は、掃除も整理整頓も行き届いておらず、在庫の管理が出来ていないことに気が付かれました。その為、仕入れた資材に無駄がたくさんあり、未完成の品物も放置してある状態だったのです。また、相手先との打ち合わせ通りに仕上げられずに、返品になった品物も多くあったのでした。相手先と、初期の打ち合わせを丁寧にすることはもちろんのことですが、仕上げる途中の段階でも、再度の確認が行き届いて出来ていれば、仕上がった品物が返品になるリスクが少なくなるはずです。そうしたことを、一つ一つ丁寧に見直され、会社建て直しの有難いおかげを頂かれたのでした。

★家庭での普段の心掛けが、仕事や、その他あらゆることに、一事が万事で出てくるものです。身の回りの整理整頓、掃除も、お礼の心で行き届いてさせて頂きましょう。

★心得違いがありますと、繁盛させて頂いているときには「忙しい、忙しい…。自分の時間がとれない…。」と言い、暇になると、「暇で仕方がない…。仕事が少ない…。」と言ってしまう、というように、不平不足ばかりが出てきてしまいます。忙しい時には、「結構にお仕事を沢山頂いて有り難うございます!」と、お礼の心に満ち満ちて働かせて頂けば、心も身体も疲れを覚えず、元気に働かせて頂いて、繁盛させて頂くことが出来ます。また、時間に余裕のある時には、普段は出来ないところの整理整頓や、人材の育成、技術向上の為の勉強など、その時にやるべきことに打ち込ませて頂けばよいのです。銘々に頂いている家業をしっかり喜ばせて頂き、為すべきことに実意丁寧に打ち込ませて頂くことが、繁盛の元にならせて頂くのです。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:48 | 平成31年の「み教え」