金光教阿倍野教会ページ内リンク


2019年08月03日

●常に心中御祈念を欠かさず

 先日、ある若いご信者がお届けに来られ、「仕事にも慣れてきて、色々な仕事を任されることがありますが、何を最優先にしなければならないかを、たまに間違います。するとそのことによって周囲の方に迷惑をかけてしまいます。常に心中御祈念を欠かさずに事にあたらせて頂けますように。」とお願いされました。

★この方は、知識も技術も身に付いてこられ、様々な仕事がさせて頂けるようになられ、以前は任されないような事も任されることが多くなり、あれもこれも同時進行で進めなければならないことが起こってくるようです。その中で心中御祈念を忘れてしまいますと、何を最優先にさせて頂けばよいか、という順番が狂ってくるということです。そこで、その瞬間その瞬間に、心中御祈念させて頂いて事にあたらせて頂いておりますと、「今のうちにここをしておこう、次にこれをしておこう。」と気付かせて頂けるのです。しかし、御祈念を忘れてしまいますと、間違いはせずとも、その瞬間の判断がずれて時間のずれが生じ、そのことによって人に二度手間をかけてしまうことがあるのです。このお方はまだお若い方であられますが、毎日喜んで仕事なさっておられます。厳しい環境の職場ですが、同僚や先輩の方々のことを思い、「少しでもお役に立たせて頂けますように。少しでも周囲が助かって頂けますように。」と、一所懸命に心中御祈念してお仕事なさっておられるのです。常に「金光様、金光様」と御祈念しながら、お仕事なさることを心掛けておられることは真に有難いことです。

★このお道は、全てのものを生かしてゆくお道であると教えて頂いております。自分を生かし、周囲の人も生かし、周囲の物も生かし、土地を生かし、万物を生かして頂くことを教えて頂いております。自分の力で良い方向へ導いていけるか、と言えばそうはいきませんね。そこで、足らない所は足して頂けるように、常に心中御祈念させて頂いて、事にあたらせて頂くのです。言葉を発する時も、仕事を始めさせて頂くときも、電話をかけさせて頂くときも、どんな時でも常に心中御祈念を欠かさずさせて頂いておりますと、全てに御都合お繰り合わせを頂いてゆけます。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:48 | 平成31年の「み教え」