金光教阿倍野教会ページ内リンク


2019年04月15日

●毎日を信心生活に

『自分の事になってくるとなかなかわからんものじゃが、そういう時には金光様はどうなさったじゃろうか、どうなさるじゃろうか、おかげを蒙っておる者はどうしたらよいのじゃろうかと考えればすぐ合点がいく。しかし我々はつまらんから合点がいってもなかなか実行できん。そこでお参りをせねばならん。お参りをすると教えて下さり、できるように願って下さり、引っ張って導いて下さる』

★御本部の御大祭がお仕えになられてから、全国の各教会において御大祭をお仕えになられます。御大祭では各人が生まれてから今日までのお礼を申させて頂き、各家庭が入信から今日まで、代を重ねて結構におかげを頂いてきたことにお礼を申させて頂くのです。もちろん、去年から今年にかけて1年の各人の信心の総決算の場であるということも大切な意味なのです。それもお命を頂いてこそであり、それぞれの家のご信心が代を重ねておかげを頂いてきた上に、私共が日々の生活をさせて頂いているということでありますから、振り返らせて頂いてお礼を申させて頂くことが、年々より多く、より大きくなっていかねばなりませんね。共々にご信心の有難い見直しをさせて頂くことが出来、有難い改まりをさせて頂ける結構な良い機会にさせて頂きたいですね。

★先日、三重県の方にお宅祭に行かせて頂きました。大阪に住んでおられた方が移転なさって長年になられます。入信以来のお礼と、去年から今年にかけての一年の御礼、特に去年曾孫さんがお生まれになりましたから、家族が増えさせて頂いたお礼を申し上げるお祭りになりました。有難いことに毎年丁寧に家族中が揃ってお仕えになられます。そして、毎月必ず夫々の家庭が日を決めて参拝になり、み教えを頂き御取次を頂かれます。御大祭とあらば天候気象がどうあろうと家族中・親族中が揃ってお参りになられるのです。

★どなたにも毎日の生活の中で色々な出来事が起きてきますが、その出来事を通して信心の見直しをさせて頂き、出来てきたことを信心の材料としてご修行にさせて頂き、有難く受け切ってゆくことが出来るように、実地の勉強をさせて頂くのです。一つ一つ信心で以て乗り越えさせて頂き、徳も力も身に付かせて頂き、改まりの良い機会とさせて頂くのが信心生活です。阿倍野教会の御大祭まで残り1ヶ月を切りましたが、信行期間のつもりでしっかりと信心をさせて頂きたいですね。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:04 | 平成30年の「み教え」