金光教阿倍野教会ページ内リンク


2018年01月05日

●心を整えて、神様と一つ心に

私達は、それぞれにお土地や家、使わせて頂くものにも、ご祈念を込める稽古をさせて頂いております。何か買わせて頂きましたら、文房具でも衣類でも食材でも、使う前に御神前にお供えをさせて頂いて「本日は○○を買わせて頂きました。有難うございます。大切に使わせて頂けますように」と、まずご祈念させて頂いて有難く使わせて頂くのです。

また、車や二輪車、自転車等の乗り物に関しては、教会に乗って来られて、ご祈念して頂き、御神米をお祀りして使わせて頂きます。日々世話になるすべてのものに、ご祈念を込めて御礼を申して使わせて頂くことが、天地に満ち満ちた御神徳を自分自身に頂かせてもらう生活になっていくのです。

★『神様を拝むのに手や口を洗っても、心を洗わねば何にもならぬ。心は火や水では洗えない。真一心で心を洗って信心をせよ』自分自身の心の中に不浄なものがあり、その不浄なものをお取り払い頂く、すなわち心の洗濯・掃除をして頂くつもりで毎日の生活をしなさいということです。自分自身の心の中身がどれだけ整っていくかということが尊いのです。

★ちょっとした心の間違いを正して頂けるところがお広前です。間違いを正して頂くことを有難いと思えず、嫌がっていては心の成長には繋がりませんね。『実意をもって願え』『真一心におすがりせよ』とみ教え頂いておりますが、疑いの心・迷いの心を取って頂くこと。そしてあちらの神様、こちらの神様とおすがりするのではなく、天地金乃神様に一心におすがりさせて頂くのです。

★また、神様と一つ心にということでもあります。私達は生まれてくる時に、神様の御分霊を頂いております。み教えを頂いた時に「有難いなあ」と思わせて頂けるのは、内なる尊いものが共感しているのです。生神金光大神様と天地金乃神様と一つ心にならせて頂けるようなおかげを蒙りましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:53 | 平成30年の「み教え」