金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年12月25日

●胸躍るような願いを!

先日も、嬉しく有難いお届けを聞かせて頂きました。

★先日あるご家庭が、五カ年計画のお願いを立てられて用紙を提出されました。その五カ年計画の願いを、拝見させて頂きますと、一枚目には熱心に日参なさっておられるお母さんの五カ年計画、次には息子さんご家族の五カ年計画、その次には娘さんご家族の五カ年計画があり、それをきちっと閉じられて提出なさったのでした。その中身を拝見させて頂きますと、小学生に至るまでお一人お一人が丁寧に願いを立てられて、一人ひとりご自分で書いておられるのです。そのお願いの内容も、有難いことにお父さんはお仕事の向上のお願い、学生さんは学生さんの願い、また小学生のお子さんは、「来年はここまで進ませて頂けます様に。再来年はここまで進ませて頂けます様に」…と、夫々が日常卑近なところで、毎日の生活に即した在り方で、自分自身の実情に合わせて願いをお立てになっておられるのです。

★夫々の家が家全体で願いを立てさせて頂くことも有難い事ですが、一人一人が願いを立てて書かせて頂けるということは、何と有難いことであるかなあと思わせて頂きました。拝見させて頂いただけでも、このご家庭には実に夢と希望があり、胸が躍る感じがし、元気を出されることだろうなあと感じさせて頂きました。願いを立てるということは、このように有難いことだなあと、改めて思わせて頂いた事でした。

★例えば、そろばんを習っておられる方は、「来年は何級まで進ませて頂けますように」…というように、私達も何かしら目標を立てて進ませて頂きたいことがありますね。それだけ自分自身が明確に願いを立てて目標を持たせて頂きますと、その為にはどういう努力をさせて頂いて、どういう工夫をさせて頂けばよいかという思案が生まれてくるのです。そうしますと、日々の生活に「よし!ここまで進ませて頂こう!」と力が湧いてきて、元気が出てくるようにならせて頂けるのです。

★私達も、新年に向けまして胸躍るような願いを立てさせて頂き、おかげを蒙らせて頂きたいと思います。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:55 | 平成29年の「み教え」