金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年12月14日

●どこまでも勉強する心で…

教会の厨房を改修工事をさせて頂く時、保健所に出向いて、どのようなことを基準にすればよいかをご指導頂けるようにこちらからお願いをして多くのご指摘を頂きました。ご指導頂いた事をそのまま全て守らせて頂き、再度点検して頂いたのでした。すると、上役の責任者の方から「こちらが伝えました点をすべて実行されました。大変結構です。これまで多くの所に指導致しましたが、指摘したことをすべて実行されることはまずありませでした。今回は指導のし甲斐があります。」と喜んで頂いたのでした。有難いことに、今日まで便利に都合よく、使わせて頂いております。

★色々と維持管理をするには、正しい順序を踏んで標準に合わせるために勉強し、教えて頂いたことを守らせて頂く必要があります。

★本当に幸せな生き方とは、神様に可愛がって頂き、人からも厳しく教えてもらえるような人間にならせて頂けるように、ならせて頂くことです。神様に認めて頂けるような人間になるには、神徳・人徳を頂くようにご修行をすることですね。どんなに苦しい難しいことでも、力強く乗り越えていける徳と力を頂いてゆき、またほんのわずかな過ちもすぐに教えてもらえる、咎めてもらえるということが幸せなことなのです。「この人間なら」と見込んでもらって、教え鍛えて頂けるという事が有難いことであり、考え違いは正して下さり、生活全体が改まるように仕向けて頂けるのが幸せの元なのです。

★反対に「こんな苦しいことは嫌だ。」「こんな勉強は嫌だ。」と辛い苦しい問題を避けて通っておりますと、決して実力は身につかず、不幸せになる元を作っているのと同じです。重たい物を持つのでも、力がある人が持ちますと、軽々と持てますね。力がない人が、重たい物を持とうとしても、持つことができません。それは鍛えていないからです。鍛えることにより、実力がついてゆくのですから、何事も逃げずに勉強し乗り越えてゆきましょう。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:49 | 平成29年の「み教え」