金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年12月12日

●『神様は荒地荒れ屋敷をお嫌いなさる』

先日、あるご家庭で一年間の御礼のお宅祭がお仕えになられました。そのご家庭のお子さんにお話させて頂いたことです。

★[年末には大掃除をしますね。昔からの言い伝えで、家中に埃や塵がたくさんありますと、貧乏神が来ると言いますね。ゴミが片付けられずにたくさん置いてあったり、整理整頓出来てなかったり、或いは埃がいっぱいだと、病気を生み出す元となり、身体にも悪い影響を与え、心にも良くありません。

病気災難を自分で引き寄せることになるのです。神様は、荒地荒れ屋敷をお嫌いなさるとみ教え頂いておりますとおり、天地の親神様のお体の一部を使わせて頂いて、お土地を使わせて頂いているのですから、丁寧に扱い維持管理をさせて頂いて、毎日拝んで使わせて頂いておりますと、神様も喜んで頂き、心も体も健康にならせて頂いて、繁盛させて頂く元に繋がるのです。

例えば工場でも、ゴミや埃だらけの工場だと良いお仕事が出来ると思いますか?綺麗にしてある工場や会社であれば、他所から人が来て下さっても「ここの会社は素晴らしいな!手入れが行き届いて出来ておられるな!」と信用して頂けるでしょう。

人からも信用して頂けるということは、次から次へと責任のある仕事を任せて頂けるようになるのです。ですから、心や体に良いこと、さらに神様からも人からも信用して頂ける良いことをずっと続けていきましょうね。

また、良い種をしっかりと撒かせて頂きましょう。例えば人の悪口を言うと、自分も人から悪口を言われることになるので、口からでも悪いことは言わない様にしましょう。年末だけではなく、常平生の生活も常から整理整頓して心と身体の掃除をするつもりで、心掛けてさせて頂きましょう]とお話しさせて頂いたことでした。

★平生はきれいにさせて頂いているつもりでも、布団の上げ下げや、衣服の着脱等、人間が生活する以上、自然に塵やほこりが溜まりますね。人間の心も同様に、我情我欲で以て我が心に塵が積もります。

日々心に塵が積もらないように、今日一日今日一日、根気強く信心を油断なく進めさせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:30 | 平成29年の「み教え」