金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年08月25日

●葉刈りの信心

『おごりがましいことをすな。ものは、細うても長う続かねば繁盛でないぞ。細い道でも、しだいに踏み広げて通るのは繁盛じゃ。道に草を生やすようなことをすな。』

★信心するものは、驕りがましい事を生活の中から取り除くように、心の驕り、物に対する驕りを戒めて頂いております。それは、何か事が起こってきた時に、すぐにご信心を元にして精神的にも物質的にも対応できるようにならせて頂く為なのです。

★8月は「葉刈りの信心」と教えて頂いております。葉刈りとは、枝葉が伸びた木の風通しを良くしたり、虫が付くのを防いだり、要らない方向に伸びたものを切って形を整えるために行います。

私達人間も、年々少しずつ変化しております。ですから、日々生活を見直させて頂き、驕りがましいところのないように改まらせて頂いて、無理・無駄・ムラを省く「葉刈りの信心」をさせて頂くことが必要です。

★また、私達の目、耳、口の葉刈りをさせて頂き、良いところを見て、良いことを聞き、良いことを口に出すことを心掛けさせて頂きましょう。つまらないことや、人の悪いところばかり見ないで、人の良いところを見て、聞いて、伝える努力をしていくのです。

★そのためには、一回でも多く教会に足を運ばせて頂き、一言でも多くみ教えを頂きましょう。そして、幹を太らせ、枝葉を正しい方向へ伸ばさせて頂いて、正しい繁盛の道を歩ませて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:00 | 平成29年の「み教え」