金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年07月25日

●一年一年有り難くなる

先日、多くの方々の御用奉仕を頂きまして、教会内外の大掃除をさせて頂き、お広前の畳も全て天日干しをさせて頂きました。現在のお広前が出来た時からの畳ですから、もう60年を超えますが、丁寧に手入れをしながら使わせて頂いておりますので、あと50年は使えるでしょうと、畳屋さんから言って頂いたことでした。

★以前、二代教会長先生、三代教会長先生のご時代にお供えになった下駄が6足、箱に入って当時のままの状態で保管されているのが見つかりました。どれも使用していないものでしたが、年数が経ったせいで、台も鼻緒もくすみやシミが目立っていたので、下駄屋さんに修理をお願いしました。

下駄屋のご主人は、「これは昔の品ばかりですね。シミ等は出てきていますが、台でも良い木を使ってありますよ。鼻緒も新しいものに付け替えて、台は砥粉で磨けばきれいになりますよ。しかし、修理代は高くつきますよ・・・」と、おっしゃいました。そこで、「はい、それは承知しておりますが、大切な品ですので、是非生かして使わせて頂きたいのです。」と、お伝えすると、快く請け負って下さいました。出来上がってきたものは、新品と見違えるほど綺麗に仕上げて下さっており、有り難いことと、お礼申させて頂いたことでした。

★常に、心と体の掃除をするつもりで、使わせて頂いている家の掃除、整理整頓を心掛け、古いものでも、鉛筆の一本、紙の一枚でも大切に使わせて頂くよう心掛けさせて頂きたいと思います。そのようにして、神様のお恵みを有り難く頂く信心生活を送らせて頂いておりますと、段々と身にお徳を頂くことが出来、日勝り年勝りに結構にならせて頂けるのです。『信心は、年が寄るほど位がつくものじゃ。信心をすれば一年一年ありがとうなってくる。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:50 | 平成29年の「み教え」