金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年07月06日

●日々の生活の中での神様のご試験

お商売をなさっておられるご信者が、ある日、シャッターを開ける時間が少し遅れてしまったことがあられたそうです。その時に来客があって、お茶とお菓子を注文なさった方がありました。

★その方が「奥さんずいぶん疲れておられますね。エネルギーが切れているようにお見受けします。常から見させて頂いておりますと、奥さんがお客様の相手で、ご主人が作る方の中心になられてますね。お二人とも一生懸命なさって感心していたのですが、多くのお客様相手の接客ですから、疲れておられましたら大変でしょう。私もそういう時期がありました。疲れ切っていた時、私の場合はある絵を見たら疲れが飛んでしまうのです。あなたもどうですか?3枚セットで40万円ですが、いかがですか?」と話しかけられました。体を心配して同情して声をかけて下さったのかと思って聞いていましたら、何と商売をしに来られたのでした。

★ご信者が仰るには、「『上手に言いはるなあ〜』と思いました。ご信心させて頂いていない時の私でしたら、引っかかっておったかもしれません。ですが、今はご信心させて頂いておりますから、神様にご祈念させて頂いて心を乱す事なく、丁寧にお断りして引き取って頂きました。人間とは様々なものですね。自分自身が、心身共に健康な状態をいつも保たせて頂けるように、ほかの方から見られても気力・体力充実しているように、見て頂ける私にならなければいけないなあと反省しております。」とのことでした。

★ご信心の勉強中には、次から次へと神様が試験をなさるようなことが起こってくるのです。腹の立つようなことや、心配事、仕事の上の問題、家族の問題や人間関係での問題が起こってきたりしますが、それは毎日の生活の中で与えて頂く信心のご試験です。いつも心中御祈念させて頂いておりますと、心が正しい方へと修正して頂け、試験に合格させて頂けるのです。そのように心がけて油断のない信心をさせて頂いておりますと、人から騙されることもありませんし、悪い縁が繋がってしまうこともありません。おかげを頂いていきましたら、良い縁が繋がっていくのです。結構なことや結構な方が集まってくるのです。そんな毎日にならせて頂けるおかげを蒙らせて頂きたいですね。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:01 | 平成29年の「み教え」