金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年03月08日

●み教えを鏡に

『人間、我欲のためにわが心にちりが積もる。わが心わが身が汚れぬように、心と体の掃除をするごとく、今月今日で信心をせよ』

★先日、1年以上も受診していなかった歯医者さんに行かせて頂きました。「よく磨けていますよ。」と言って頂けたものの、歯石を除いて頂き歯を綺麗にして頂いて、歯ブラシの指導をして下さいました。手鏡を持って自分の歯を見ながら歯医者さんに磨き方を教えて頂いたのですが、普段は手鏡を持ってまで歯磨きをしませんから、少し他より磨きが足りない箇所などを的確に教えて頂くことが出来ました。具体的に教えて頂けることは有難いことだなあとつくづく感じました。

★そういう風に自分では見えていない、意識出来ていないところを客観的に見直していくことが出来るのが、ご信心だなあと有難く思わせて頂いたことです。私達は常にみ教えを鏡にして、自分自身を見直していくということを教えて頂いております。甘木教会の初代教会長・安武松太郎先生は「研きても なお研きても 研きても 錆びて果てなき わが心かな」とお詠みになられておられます。自分自身の神心を磨いて何を取っていくのか。我情我欲や我良しと思う心、不成心や偽りの心や私心を取り払って頂くのです。私達がお取り払い頂こうと一生懸命させて頂いておりましても、取れているようでなかなか取れないものです。ですから、ご信心させて頂くということは生涯かけてのことなのです。

★いつまで経っても「これで完成だ!」ということはございません。世の中にご信心やご恩返しが足りておりますという人間はおりません。ですから、信心向上を願わせて頂くのです。本日は、昼2時よりみかげ会総会が開催されます。ご家族揃って参拝させて頂き、信心向上のおかげを蒙らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:42 | 平成28年の「み教え」