金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年10月31日

●今日一日、己に克つことを心がけて

先日、ある学生さんが初めてお届けに来られました。詳しいことは申せませんが、支障のないことだけ書かせて頂きますと「近頃段々と周囲のことばかりが目に入って、他の人と比べて、自分を取りまく環境の気に入らないところが見えてきました。それともう一つは、学校で自分の苦手な人がいます。その人と毎日顔を突き合せなければならず、それが苦痛で仕方ありません。」ということです。

★そこで色々とお話を聞かせて頂いた後に、[あなたは、それだけ自分のことを振り返って考えさせて頂く力を持っておられますね。まず第一に他の人を見て比べてはいけないと言うことが分かりますね。二つ目には、何事も打ち込んでさせて頂かねばならないと言うことがよく分かりますね。どんな道でもそうですが、人に勝とうと思わずに、己に克つことを心掛けてしっかりと精進していかないことには、立派なものを養っていくことは出来ません。勉強であろうが、スポーツであろうが、文化活動であろうが、人と比べて、人に勝とうと思っている人は大成しません。

★また成長することが人間の喜びとなるのです。しかし、あなたは結構ですよ。五体満足で健康で自由自在に思うように思索させて頂き、思うように体を動かすことが出来ますね。世の中にはベッドの上で休んでおかないと命を保てない人もあられますし、生まれながらにして障害を抱えておられる人もあられます。五体満足で健康であって、自分のしたいことがあれもこれもさせて頂けるというのは、これ以上ない有り難い、恵まれたことなのです。神様から与えて頂いている能力をしっかりと大きく育てていくために、「金光様」とお願いさせて頂いて、一段と成長を遂げてゆくのです。

★これから先、全てが思うような理想の場所はなかなか出会うことはなく、色んな苦しい場面が出会うことでしょう。今起きていることは、社会人になっても必ず起こってきます。しかし、今からそうしたことに対応出来るような力を身に付けさせて頂くということは実に大事なことです。自分自身の成長の材料として与えて頂いていることですから、「これは好きで、これは嫌いです。」と自分自身が枠を作っていては成長しません。一年生と、二年生では求められることが違ってきます。社会人になってくると更に責任を求められるのです。もっと多くの責任を与えられて厳しいことを要求されるのです。ですから、どんなところへ行かせて頂いても役に立たせて頂けるように、今から稽古をしておりましたら有り難いですね。まず人のことをお願いさせて頂きましょう。何事もしっかりと御祈念して一つ一つ乗り越えていかれてはどうですか。]とお話しさせて頂いたことでした。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:11 | 平成28年の「み教え」