金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年06月20日

●改まりのご修行が繁盛の元

昨日は涼しく身体に楽な天候のお繰り合わせを頂き1列車とバス7台で無事に上半期の御礼参拝を御本部にさせて頂くことが出来ました。大変ありがたいことと御礼を申し上げております。

★伊藤コウ師のご母堂、伊藤ハル刀自は、娘さん3人が次々と大病を患われ、家のめぐりの深さを思い知られたのでした。そして、「伊藤家のめぐりを私一代でお取り払い頂けますように。

その為にはどんなご修行でもさせて頂きます」と、神様にお誓いになりました。夜中の人目に付かない時間を選んで、近所近辺の道の掃除や溝さらいをなさり、大地にひれ伏して、家が代々積み重ねてきた天地に対するご無礼をお詫びなさいました。そのようにして、陰の徳を積むご修行に一心になられ、また、人々のお導きに熱心に取り組まれたのでした。

★人は皆、「なくて七癖」と言われ、様々な悪癖や我情我欲も持ち合わせているものです。物事がうまく運ばない時には、事の成就をただただお願いするばかりではなく、今日まで積み重ねてきためぐり(悪癖・悪習慣)をお取り払い頂けるよう、改まりのご修行を心がけさせて頂くことが、本当のおかげにつながってゆくのです。

ご先祖から代々のご信心によって、今日おかげを頂いているとしても、おかげを頂く元となった、その家々の改まりのご修行の歴史が必ずあるはずです。そこを忘れては、先々の繁盛は危ぶまれます。一日一日、油断なく、めぐりのお取り払いと、徳積みのご修行に真剣に励ませて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:44 | 平成23年の「み教え」