金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年04月11日

●「お礼の参拝」

 昨日は、天候初め万事にご都合お繰り合わせを頂き、共々に御本部に於いて天地金乃神大祭を拝ませて頂くことが出来ましたことは、真に有難いことでございました。御本部御大祭の御庇礼の下に、5月11日の阿倍野教会の天地金乃神大祭に向けて、より一層信心を進めさせて頂きますようおかげを蒙らせて頂きましょう。

★三代教会長先生のお姉さんであられます大黒トクさんは、胆石の痛みを患っておられました。その痛みというのは、突然背中や腹部に激痛が走り、七転八倒するような強い痛みでした。ある時、御本部参拝の日にその発作が起こり、ご祈念して御神酒や御神米を頂かれましてもなかなかその痛みは治まらず、大変苦しんでおられました。そこで、そのことを随行の先生にお伝えなさると、先生は二代教会長伊藤コウ師にご報告され、お取次ぎをお願いなさりました。するとコウ師は、「この飴をご祈念してから頂かれるようにお伝え下さい」と飴をご祈念を込めて下されたのでした。早速そのことをトクさんにお伝えなさると、トクさんはそのお下げ頂いた飴を一生懸命ご祈念して頂かれました。すると、その日以来亡くなるまで一度も胆石の痛みが再発することがなかったのです。御霊地で病気の根を切って頂かれたのでした。

★月々の御本部御礼参拝は、日々おかげを頂きお守り頂いております「御礼の参拝」という心で参拝させて頂きますと、めぐりのお取り払いを頂くことが出来、また病気災難の根を御霊地に置いて帰らせて頂くことが出来るのです。共々に、月々の御本部御礼参拝が続かせて頂けますよう、ご都合お繰り合わせを願わせて頂きましょう。そして御霊地に満ち満ちた有難いお徳を身一杯に頂いて、船にも車にも積めぬほどのお徳を頂いて帰らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:38 | 平成23年の「み教え」