金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年03月20日

●本日は春季霊祭です!

本日、お昼の二時から春季霊祭をお仕え申し上げます。春秋の霊祭は教徒・信徒の合同慰霊祭です。各家庭のご先祖が安心なされ、お徳の高い霊様となって、子孫をお守り下さるように、天地の親神様にお取次下さる大切な御祭典です。

ご家族ご親族揃って参拝のおかげを頂かれ、霊様にお礼を申し、一層のご霊徳とご安心を頂かれますようお祈りさせて頂きたいと思います。

★あるご信者が入信当初のことです。二代教会長伊藤コウ師よりお結界でみ教え頂いた事に対して「先生、そんなことありますかいな。私は一生懸命してますがな。」と言い返しておられたそうです。信心の初めはコウ師の仰せになることに対して聞く耳を持たず、またみ教え下さるご意味が理解出来られなかったのです。

★ご信者は、ご信心を進めてゆかれるうちに段々とみ教えの有り難さ、お取次ぎの有難さが分かられて熱心に日参なさり御用をなさるようになられました。後に、乳癌を患い、また家から一歩も出られない状態にまで精神的にも病まれるという経験をなさいますが、それまでの常の信心の積徳によって、一心におすがりなさることが出来られ、全快のおかげを頂かれたのです。

ご信者はより一層に信心が進まれ「後で考えますと、入信当初はなんとおこがましいことを言っていたのかと反省するばかりです」と言っておられたことを思い出します。

★信心が行き届きません時にはみ教えをなかなか素直に頂けないものです。おかげが頂けない事を神様のせいにしたり、人のせいにしてしまいがちです。しかし、信心が進んで参りますと、おかげが頂けないのは自分のどこが間違えているのであろうと思い、み教えを真剣に頂けるようになり、どこを改まればよいのかと考えさせて頂けるようになってゆくのです。

日々、繰り返し繰り返しみ教えを頂いて、それを守らせて頂くことを心掛けさせて頂き、一段と進んだ姿に成長させて頂きましょう。み教えを守らせて頂きましたら、神様・霊様が守って下さいます。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:23 | 平成28年の「み教え」