金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年02月06日

●どんな仕事も喜んで命がけで取り組ませて頂く

 あるご信者は、定年退職後に新たな仕事を探しておられました。一級建築士の資格を持っておられたので、それ相当の仕事を探しておられたのですがなかなか見つからず、貯蓄を切り崩す生活を続けることに段々と焦りを感じ始められました。 そこで、資本金が少なくても始められるお好み焼き屋か、たこ焼き屋のような商売を夫婦でしようかと考え、二代教会長伊藤コウ師のお取次を頂かれたのでした。

★伊藤コウ師は、「建築の仕事をしてこられたのでしたら、建築に携わる仕事ならどんな仕事でもさせて頂く、という気になられたらどうですか?『一級建築士の私が、こんなつまらない仕事はできない』というような考えは捨てましょう。 建築の仕事ならどんなことでも喜んでさせて頂く心になれば、神様は、あなたの年齢も、経験も、全てよくご存知な上で、今のあなたに一番合った仕事を与えて下さいますよ」 と、み教えなさったのでした。そのご信者は、素直にみ教えを頂かれ、「建築の仕事ならどんな仕事でもさせて頂く」という覚悟で、改めて仕事を探されました。すると、大きな建築現場の監督を任して頂けることになり、その仕事を機に次々と新しい仕事を頂かれたのでした。

★「これまでのご恩返しに仕事をさせて下さい」とお願いしておりますと、お仕事の上に真心が表れて全てにご都合お繰り合わせを頂けるようになります。御祈念のこもった勤務・商売になり、御祈念のこもった品物が製造できるようになり、愛情のこもった仕事がさせて頂けるようになってゆくのです。その人の働きぶりに神様は次々とおかげを授けて下さいますから、どんな小さな仕事であっても、喜んで一生懸命取り組ませて頂くことが大切です。「ご恩を知ってご恩に報いる働き」を心掛けさせて頂いておりますと、次々と仕事を与えて頂け、さらに大きな責任を与えて頂くことが出来るのです。何事も神様がご覧になっておられると思って、実意丁寧に取り組ませて頂いておりますと、将来が開けてゆき有難い人生にならせて頂くのです。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:39 | 平成28年の「み教え」