金光教阿倍野教会ページ内リンク


2004年12月07日

●おかげは足運びにあり

故、中井久夫氏の病床での日記より
「お徳の高いお広前にお参りして、お徳の高い親先生にお取次頂き、ご祈念をして頂いている私が、おかげをよう頂かないことではあいすまない。

私は鼻たれの信者にはならない。どうあっても病に打ち勝って病の根切れ全快のおかげを頂かせて下さい。」

★「お広前を遠ざかるはおかげの抜けはじめである。」

常平生の信心が肝要です。毎日の日参と聴教の積み重ねによって、信念が出来ていきます。

「おかげは足運びにあり」信心をもとに自分自身の心も体も神様に作り変えて頂きましょう。
posted by 金光教阿倍野教会 at 09:58 | 平成16年の「み教え」