金光教阿倍野教会ページ内リンク


2004年12月28日

●刃先の焼き直し

お参りから遠ざかると【油断】【すき間】が出来て神様が気付かせて下さるところも外ずしてします。

「自分はなぜこのようになるのか」と不足の心、疑いの心が起こったりします。神様は、氏子がもっと立ち行くように「刃先の焼き直し」をさせて下さっているのですから、実意・丁寧にお礼、お詫びをしっかり申し上げることが大切です。

「願う氏子におかげを授ける」とみ教えを頂いています。神様の御慈愛を感じ、神様をはなさず、常に心中ご祈念をして油断・すき間の生じないよう、実意丁寧な信心を心掛けましょう。
posted by 金光教阿倍野教会 at 09:18 | 平成16年の「み教え」