金光教阿倍野教会ページ内リンク


2010年12月20日

●清書を直して頂いて…

初代教会長先生の御頃より「ふんどしを質に入れてでも御本部へ月参拝をさせて頂けますように。」と願い続けてきて下さいました。

そして今日まで月々結構に御本部へ御礼参拝を続けさせて頂いているのです。★私達は月々どのような心構えで参拝させて頂いているでしょうか?

金光大神様は近藤藤守師に『寺小屋へ行って、手習いをすると清書はやはりするじゃろうな。清書をすると先生が悪い字は直してくれるし、良い字には丸をつけてくれるましょうがな。

それと同じでここへ参ってくるのは、清書をしに来るのである。平生の信心は手習いじゃ。御本部に参ってきて日頃の手習いで清書したところを悪い所を直して頂くようにしなさい。』とみ教え下さったのでした。

★月々の御本部参拝で常平生の信心を見直し、聞き直し、考え直しをさせて頂いてわが心を磨かせて頂くのです。御祈念、御用を通して、また参拝道中で信心の勉強をさせて頂くのです。

そういう心構えで参拝させて頂きますと、人の口を以て、あるいは出来事を以て神様から教えて頂く事が出来、どれほど有難い信心向上の参拝になるでしょうか。

どうぞ来年の年賀参拝には今年よりも信心が向上させて頂けており、今月勉強させて頂いた事を日々の信心生活で心掛けさせて頂きましょう!

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:00 | 平成22年の「み教え」