金光教阿倍野教会ページ内リンク


2010年12月09日

●金光大神の手続きを持って願う

昨日は、みかげ会例会が開催され、中筋勇氏より有難いおかげ話を聞かせて頂きました。中筋氏は、三代目の御信心で、熱心な御信心を受け継がれ、起きてくる出来事に様々なおかげを頂いておられます。

★中筋氏は、お取次を頂かれ、30年間営んでこられたお蕎麦屋さんを平成19年の年末に閉店なさる事になりました。

その際「今まで借りていた店舗を入抜きのまま使って頂けますように、契約更新の期限がありますのでそれまでに買って頂けますように。また店を辞める迄に、調理師免許が取得でき、就職先が決まりますように。」という事を願われました。

契約更新までに入抜きで買って頂けないという事は今まで使わせて頂いていた設備を取り払って元の状態にして家主さんに返さねばなりません。

★お商売をさせて頂きながら、調理師の試験勉強、更に店舗の売却の準備を同時に進められました。調理師免許は無事に取得されましたが、閉店まであと1か月足らずになっても、なかなか店舗売却の話が進みませんでした。

中筋氏は熱心に参拝され、神様に一心におすがりされました。すると何と、契約更新ギリギリで借りたいという方があらわれ、店舗明け渡しの1週間前に話が整ったのでした。

また再就職の際には、平成22年2月22日三代教会長先生の御命日に自宅近くの調理師を活かせる職場に無事内定のおかげを蒙られ、願う以上のおかげを頂かれたのでした。

★『願う事は何事もかなわないという事はない。金光大神の手続きを持って願え。何事もおかげを頂ける。』

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:50 | 平成22年の「み教え」