金光教阿倍野教会ページ内リンク


2010年12月06日

●一人一人違うからこそ

『五本の指が、もし、みな同じ長さでそろっていては、物をつかむことができない。長いのや短いのがあるので、物がつかめる。それぞれ性格が違うので、お役に立てるのである』

家族・会社・商店等、人が集まって形を成しているものは、全て一人一人の力が結集されて出来ているのです。

誰もが神様から有難いご分霊を頂いて生まれてきており、様々な形でお役に立たせて頂ける存在であるということを、お互いに自覚させて頂かなくてはなりません。

★そして、一人一人が高い目標を持ち、目標に向かって進歩向上させて頂くことが大切です。また、その高い目標を自らの願いとしてお届けすることを続けさせて頂くことによって、日々願いを強く確かなものにさせて頂けるのです。

幼い頃からみ教えを頂き、神様から頂いている徳と力を十二分に発揮することが出来ますように。その為にも、まっすぐに高い目標を自ら設定し、努力を積み重ねさせて頂くことが大切なのです。

★そのようなお互いが皆それぞれに違いを認め合い、心を揃えて、一つの方向へ願うことが出来、さらに神様から頂いている徳と力を十二分に発揮する事が出来れば、どこまでも大きな働きとなってお役に立たせて頂くことが出来るのです。

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆



posted by 金光教阿倍野教会 at 06:07 | 平成22年の「み教え」