金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年11月10日

●神様にご安心頂ける生き方を

 以前に、真栄根館の地下の厨房の改修の際に、私共から保健所の方にお願いして、ご指導を受けたことがありました。

★そうしますと、世の中の標準となっている考え方や、調理の方法、設備が欠けているところ等を、いくつもご指摘頂きました。そこで早速、ご指導頂いた通りに一つ一つ改めて整え、改修をさせて頂き、再び保健所の方に確認に来て頂きますと、「大変結構です。このように、こちらの指導したことを100パーセント守って頂いたのは初めてです!」と、大変喜んで頂いたことでした。神様から見て頂いて、決してごまかし等のないよう、教えて頂いたことを素直に有難く守らせて頂くことによって、神様のお守りを十分に受けさせて頂く受け物が作らせて頂けるのだと思います。

★家庭でのことも、仕事の上のことも、人から見られている時も、見られていない時も、神様は全てをご存知であるということをいつも忘れず、どんな時にも実意・丁寧・正直・親切に、神様にご安心頂ける生き方にならせて頂けるようにお願いさせて頂きましょう。

★商業繁盛する為の十訓
1)信用第一・・・手堅い商売をさせて頂く。商売が傾くような悪い縁につながらないよう、正しい判断が出来、全てにおいて良い縁を頂けるだけの、徳と力を頂く。

2)いつも自信をもってにこやかに・・・信念をもってさせて頂く。神様にお願いさせて頂けば、必ず一番良いようにして頂ける、ということを信じて疑わない。

3)商品は金銭と同様丁寧に扱うべし・・・これ以上ない有難いものを扱わせて頂いていると思って、お店を拝み、商品を拝み、お得意先を拝み、全てに御祈念を込めて大切にさせて頂く。

4)今日の仕事は今日のうちに整理すべし・・・忙しさにかまけて、先延ばしにしない。

5)急がず怠らず、一歩一歩前進すべし・・・常に心中ご祈念をして、今必要なことをさせて頂き、そうでないことは辛抱できるように。

6)創業時代の心持ちを忘れないように・・・常に初心に戻り、創業時代の厳しいご苦労を忘れないようにすることによって、今日のお礼がしっかり申せるようになる。

7)石にかじり付いてでも努力せよ・・・覚悟を決めて、出来ないと思えることも、神様にお願いしながら一生懸命させて頂きましょう。

8)省みて天地に恥じない商売をせよ・・・常に神様がご覧になっておられることを自覚して、天地の道理に沿った実意丁寧、健全な商売をさせて頂く。

9)人より恨みをかう因を作るべからず・・・人を目当てにせず、神様を目当てに、自分自身の神心に正直に、是々非々の判断をする。

10)困難は神が示す試練と思うべし・・・神様がさせて下さるご修行を疑わず、神様におすがりして乗り越えさせて頂く。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:44 | 令和3年の「み教え」