金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年11月02日

●今日からの信心が、明日以降を有難い人生に

 先日、小学生の方が「小学校〇年生の前期を無事に終えさせて頂き、有難うございました。通知表を御祈念頂けますように・・・」とお届けに来られました。通知表の中身を見させて頂きますと、欠席無し・早退無し・遅刻無しであられ、成績も素晴らしい評価を頂いておられましたので、「健康のおかげを頂いて、無事に前期を終えさせて頂いて、有難いことでしたね。立派な成績も頂いて、有難いですね。神様にしっかり御礼申しましょう。また一段と向上させて頂きましょう」と、共にお礼を申させて頂きました。

★更に「したいことがさせて頂けることは有難いことですね。それから、しなければならないこともさせて頂かなければなりません。運動やクラブ活動、塾や習い事、宿題や家庭学習、お家の用事等は、どちらも有難くさせて頂く為には、おかげを頂かねば出来ません。心も体も、健康でなければ出来ません。毎日病床にあって、じっと絶対安静をしなければならない状態なら、出来ないことです。どんなことも、一つ一つお願いをして、神様にお守りを頂きながら、有難く日々の生活を送らせて頂けますように、おかげを頂きましょう。信心と勉強と御用というのは、信心を基にした勉強をさせて頂き、信心を基にした御用をさせて頂く、ということなのですよ。小さなことから大きなことまで、すべてをお願いさせて頂くのです。」とお話をさせて頂きました。

★これは大人も同じことなのです。私達は、月の初めに一か月間の予定をお届けさせて頂いて、御神米をおともして、実意丁寧に一つ一つのことをお願いさせて頂きながら、事に当たらせて頂きます。予定が絶対変わらない、ということはありません。必ず何かしら変化があります。ですから、朝にお届けをしてお願いし、夜にお礼のお届けをして、今日一日今日一日を大切に過ごさせて頂くのです。そうした今月今日の信心が、1ヶ月になり、半年になり、1年になり、5年になり、10年になります。そのようにして、自分自身の人生を大切にするということに繋がっていくのです。ですから、今日からの信心が大切なのです。しっかりと心を改め、磨いて、油断の無い信心を共々にさせて頂き、おかげを蒙らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:03 | 令和3年の「み教え」