金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年10月06日

●喜んで真剣に家業に打ち込む

昨日は、真栄根会例会で、森田氏より有難いおかげ話を聴かせて頂きました。

★森田氏は、フランス料理を学んでおられましたが、ピザ職人になることを決意されて、イタリア語を一から勉強され、イタリアへ留学され、ピザ専門店に修行に入られました。食べることと住む場所は、店のオーナーが世話をして下さったそうですが、最初の二年間は勉強の期間ということで、給料なしで働かれたということです。メモは全てイタリア語でとり、気になることは、納得できるまでとことん先輩に質問なさって、寝る間も惜しんで勉強されたのです。そうした努力が身を結び、イタリアで開催されたピザ職人の世界大会に出場することを勧められ、日本人初の総合一位を獲得されました。それでも、決して慢心されることなく修行に励まれ、更に翌年には、ピザのデコレーションの部門で優勝されたのです。

★三年半のイタリアでの修行から帰国後、ご信心のある奥様とご縁を頂かれ、入信されました。初めは、福島区にお店を構えられたのでしたが、「住宅と店舗が一つになったお店を構えたい・・・」と、ご夫婦が願われ、何度もお取次を頂かれて、谷町6丁目にお願い通りの店舗付き住宅を新築させて頂くおかげを頂かれました。森田氏は、同業者の方の繁栄を願われ、地域に貢献し喜んで頂ける経営をなさって、円満に繁盛のおかげを頂いておられます。

★無心に打ち込んで仕事をさせて頂きますと、有難いことに神様から与えて頂いている能力が磨かれ、十二分に発揮出来るようになってくるのです。例えば、果物の販売をされているご信者は、長年仕事を続けておられますと、果物を見ただけで、品種も産地も、味さえも分かるようになってくるということです。皆それぞれの家業に、喜んで真剣に、打ち込んでさせて頂いておりましたら、他の人には感じることのできないような感覚を身につけて、表すことができるようになるのです。神様から与えて頂いている能力は無限のもので、私達には強い強い力があります。それは、苦難を跳ね飛ばして、生き抜いていく強い力があるということです。神様から自分自身に授けて頂いている力を見出していけるように、打ち込んで家業に励ませて頂きましょう。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:00 | 令和3年の「み教え」