金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年08月24日

●祈って頂いている私達

 22日には、御本部に代表参拝をさせて頂きました。お広前で御祈念をさせて頂いた後に、ご信者皆様が「御本部に奉献させて頂きたい」と願われました真心からのお献備を、金光様にお取次を頂き、お供えをさせて頂きました。そして、御礼とお詫びとお願いのお届けをさせて頂いたことです。その後、教祖様・二代様の奥城、三代様・四代様の奥城に参拝させて頂き、ご祈念をさせて頂きました。

★そして後に、金光英子先生にご挨拶をさせて頂きました。その際に、今日までおかげを頂き続けておりますことを御礼申し上げ、25日に学生講演会を開催させて頂くことをお話しさせて頂きますと「阿倍野教会で、例年通り学生講演会が開催されることは大変嬉しいことです。学生さんが4名講演なさるということは、その準備をなさっておられる、担当なさる先生も大変でありましょうが、学生さん方もそれだけの覚悟をもって取り組まれ、その準備が出来ておられるということですね。私も聴かせて頂きたいですが、出来難いことですから、こちらで御祈念させて頂きます」と仰って下さいました。

★今年の1月の御本部年賀参拝の折に、御霊地で成人式を行わせて頂きました時のことです。挨拶の中で「あなた方は国の宝です。そしてお道の宝、家の宝です。また、国の光、お道の光です。これから先々立派に成長させて頂かれ、国家社会を支えていかれる、大きな働きが出来てゆかれることでしょう。どうぞ、ご信心を基にして立派に成長させて頂かれ、世の中を照らす光となられますように・・・」等々お話しさせて頂いたことを、金光英子先生が境内地で聞いて下さっておられたそうです。「感激しました。本当にその通りだなあと思いました。これから皆様が立派に成長させて頂かれるように、しっかりとお願いをさせて頂かなければ、と思わせて頂きました」と仰って下さったことを思い出します。

★私達は皆、夫々が祈って頂いているのです。神様から祈って頂いて、ご神縁を頂いている私達です。また、歴代金光様や歴代教会長先生、霊様方のお祈りの中に、私達は今日生活をさせて頂いております。祈って頂いているということ、そして、私達一人一人の祈りを受けて下さる方々がおられるということは、大変有難いことなのです。

★学生講演会は、各家庭の将来を担ってゆく方々が育って頂けるように、しっかりとお願いをさせて頂くというところに、開催させて頂く大きな意味があると思わせて頂きます。ですから、私達が信心向上のおかげを頂き、信心相続のお願いをさせて頂かねばなりませんね。世の中を照らす光となって頂けるよう、それぞれが大きな願いをもって、一日一日共々におかげを蒙らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:01 | 令和3年の「み教え」