金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年04月15日

●自然(じねん)の行

当時、学校に勤めさせて頂いていた23才頃のことです。

★私が片側一車線の道を運転中に、渋滞して全く動かなくなり停滞しておりました。すると、反対車線の車が私の車だけに接触し、車体の右前から後まで側面を擦って停車したのです。相手の方が降りて来られないので、車を路肩に止めて行きますと、そのお方は放心状態でした。こちらから話しかけますと、そのお方は「申し訳ありません。居眠り運転をしていました。すべて私が悪いですので弁償させて頂きます。」とのことです。「それでしたら修理の見積もりができましたら、また連絡させて頂きます。」とお話しして、免許や車検証の控えを取って名刺を頂き帰宅させて頂きました。

★三代教会長先生にご報告させて頂きますと、「あなたが全額を払ったらよろしい。」と仰っしゃいますので、私は「相手のお方が加害者で、全額弁償するとのことです。」と申し上げると、重ねて「あなたが支払ったらよろしい。」と仰っしゃいました。「はい、そのようにさせて頂きます。」とすぐに返事が出来なかった私は、数秒考えました。考えてみれば、居眠り運転ですから、車の列のどこへ当たっても仕方のない状態の中、たまたま私の車に当たったという事は、神様からお気付けを頂いたという事です。

★そして頂いたみ教えを守り、相手の方に伝えて喜んで頂き、私は日々の生活を改めさせて頂く良い機会を神様から頂いたのだと思い、車を修理に出させて頂いた事でした。後に私は何度も、命のないところを危険から逃れさせて頂いて、助けて頂いたのです。

★「自然(じねん)の行」という言葉がありますが、自ら断食をしたり、水垢離をとったりする修行ではなく、文字通り、自然に起きてくることが、神様がさせなさる御修行なのです。自分自身に、至らないところがまだ多くありますから、神様が出来事を通して改まる点を気付かせて下さるのです。改まりに気付くという事がおかげですね。ですから、起きてきたことに心を乱すことなく、自分の為すべきご修行として、有り難く取り組ませて頂いて、おかげを蒙らせて頂きましょう。

★近藤藤守師が、山に入って修行したいことをお届けされ、『なるべく深い山に入って浮世を逃れるつもりでおります』と申し上げられますと、教祖様は、近藤藤守師に『それは結構である。しかし近藤さん、何もわざわざそんな不自由な山に行かなくても、心の中に山をこしらえて、その中で修行をしたらそれでよい。自分が山に入った心になっていれば、どんな不自由なことがあっても、また家内のこしらえたものがまずくても、けっして不足を言うことはないであろう。』 と仰せになられたということです。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:47 | 令和3年の「み教え」

2021年04月14日

●受け物を大きくさせて頂く

『天地金乃神といえば、天地一目に見ておるぞ。神は平等におかげを授けるが、受け物が悪ければおかげが漏るぞ。神の徳を十分に受けようと思えば、ままよという心を出さねばおかげは受けられぬ。ままよとは死んでもままよのことぞ』

★神様は天地の間に住む人間は神の氏子と仰って下さり、全ての人が助かることを願って下さっています。そして皆に平等におかげを授けて下さっているのですから、受け物の大きい人は、それだけ多くおかげを受けさせて頂くことが出来るということになります。受け物の小さい人が、多くのものを入れてほしいと思っても多くは入りません。ですから、大きな受け物にならせて頂けるように、お願いをさせて頂くことを教えて頂いているわけです。

★『神様のお徳を身いっぱいに受けさせて頂けるように、この身この心を神に向けて信心せよ』と仰って頂いております。有難いことに、神様に心が向かわせて頂いております時はご信心になっておりますが、反対に人や出来事に心が向かいますと、ご信心になっていないということです。それは、つい自分中心に物事を考えてしまうということですね。自分中心に考え、我情我欲が先に立ってしまっているような状態でありましたら、神様のお徳は十分に頂くことは出来得ません。

★毎日の生活の中で、み教えを常平生から頂く稽古をさせて頂いておりますが、どのように実践させて頂くかということが大切です。み教えを頂きながらも、なかなか実践が出来ていないということが多くあります。それは稽古が足りないのです。何事も反復練習をさせて頂くことが、上達する元となり、私達の毎日の生活は、小さい頃からの反復練習の賜物です。神様が感心なさるくらいに、根気強く練習させて頂けばよろしいのですが、なかなかそういうことにはなっていませんね。見直しをさせて頂きますと、もっともっと稽古をしていかなければならない部分があるはずです。生涯かけて、その稽古をさせて頂き、共々におかげを蒙らせて頂きましょう。

★『何事にも無理をするな。我を出すな。わが計らいを去って神任せにせよ。天地の心になっておかげを受けよ』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:52 | 令和3年の「み教え」

2021年04月13日

●おかげの受け物を作る謙虚な姿勢

 以前、金光英子先生からお聴きしたご内容ですが、金光図書館が合言葉とされていることに、【3つのことは言いません】というものがあられるそうです。その3つとは「ありません」「出来ません」「知りません・分かりません」のことだそうです。その3つを言わないように心掛けておられるということです。

★利用者の方が探している資料が、金光図書館にない時には、「ありません」と言わずに、「お探ししましょう。作りましょう。」と提案されるそうです。例えば、視覚障害のある方が求めておられる本に、点字のものがない時には、「作りましょう」ということで、時間や手間を惜しまずに、点字の本を作るよう努力なさるそうです。また、「出来ません」と言わずに「ここまではさせて頂きます。あとはどうすればよろしいでしょうか?」と尋ねられるということです。

また、図書館の職員の方々がご存知ない資料に関しての質問には、「知りません、分かりません」と言わずに、「教えて下さい。聞かせてください。」とお伺いなさり、少しでも利用者の方のお役に立つことを願われ、さらに幅広くお役に立たれるためのきっかけとなさっておられるそうです。実に謙虚であられ、信心のお手本とさせて頂きたい有難いご内容を聴かせて頂いたことでした。

★5月11日の御大祭に向けて、一層心を込めて日参と聴教に励ませて頂き、また、御礼の御用にお使い頂きまして、神様のおかげを十分に頂く妨げとなってしまう、我情我欲、不成心をお取り払い頂いて、心と体におかげの受け物をしっかり作らせて頂きたいと思います。

★『座敷、押入れ、板の間に塵が積もるように、人間は我欲のために我が心に塵が積もる。我が心我が身に汚れないように心と体の掃除をするつもりで今月今日で信心をせよ。』 
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:37 | 令和3年の「み教え」

2021年04月12日

●受けたおかげを忘れず・・・

 荻原須喜師は、20才の頃に2年間血の道の病にて、病床に呻吟しておられました。

★ご主人の豊松さんが参詣され、日本国中のあらゆる神仏を拝んできたことをお話しになりますと、教祖様は、『それは、あまりの信心である。』と仰せになられたのです。そして、『巳の年(豊松)、昔から神信心しておかげを受けるのには、一心ということを言おうがな。一心に信心すりゃ、おかげが受けられるのじゃ。(中略)たとえて言えば、女でも、いよいよ一心を打ちこむ男は一人しかない。この男こそと思うたら、心の底から一心を出して、身も心も打ちこんでしまうのでなけりゃ、まことの恋ではない。(中略)神信心もこの一心というものを出すと、すぐおかげをいただける。(中略)どこでもよいから一心に信心せよと言うのであるぞ』と仰せになりました。

★更に、まだ一度もお会いになったことのない須喜さんに対して『丑の年(荻原須喜)はまことに執念な者で、常に不足ばかり並べておるが、不足にはおかげはない。(中略)それじゃから、病気もしておるのじゃ。ようもならぬのじゃ。(中略)なるほど私は悪かったということが腹の底から得心がいったら、家内中相談のうえで好きな所へ信心せよ。きっとおかげが受けられるからのう。もし丑の年(荻原須喜)にその得心がいって、相談のうえで、ここでおかげを受けるということなら、もう一ぺん参りなさい』と家族で相談して、おすがりするところを「この神様」と決めて、一心に信心するよう、み教え下さったのでした。そして、須喜師が日頃不足ばかり言っていたことを、「ああも言ったであろう」「こうも言ったであろう」と、何十となく言い表され、不足心とわがままから病気になっていることと、不足心を取り除くように教えて下さったのでした。

★早速、豊松さんは帰ってから、須喜師の枕元で一部始終を話されました。すると、須喜師は「わたしはわがままで、不平不足より他にありませんでした。改心せんでどうしましょうか・・・」と改まりが決意できられ、金光様の元で信心して、おかげを頂くことを決心されました。再び豊松さんが参詣されますと、金光様より「三週間を楽しみにおかげを頂くように」とみ教えを下さいました。そこで、日夜ご信心を進められますと、16日目に初めて枕から頭が上がり、21日目には2年前と変わらない壮健な身体になられたのでした。

★そして、15qの道を歩いて参拝が出来、御礼を涙ながらに申し上げた時に、金光様から『今まで長う痛うてつらかったことと、今おかげを受けてありがたいことと、その二つを忘れなよう。その二つを忘れさえせにゃ、その方の病気は二度と起こらぬぞよう。ここからのう、人が痛いと言うて来たら、自分のつらかった時のことと、おかげを受けてありがたい時のことを思い出して、神に頼んでやれ。われはもう治ったから人のことは知らんというような心を出すと、またこの病気が起こるぞ。今の心でのう、おかげを受けていけば、病気が起こらぬばかりじゃない。子孫の末までおかげを受けられるぞ』とみ教えを頂かれたのでした。それから、須喜師はお道の御用に立たれ、難儀な方々をお導きなさっていかれたのです。

★私達は日々み教えを頂いて改まり、おかげを頂きましたら、その有難いことを忘れないで、次々と周囲の人々が助かっていくように、親切丁寧にお導きさせて頂き、真の信心に進んで頂く方々が増えていかれる事が、神様への一番の御礼になるのですね。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:45 | 令和3年の「み教え」

2021年04月11日

●霊様の働きは永遠である

三代教会長先生は御生前中、御用のご都合の付かれる限り、阿倍野の大阪市南霊園の奥城に参拝なさっておられました。阿倍野教会の奥城を拝まれ、伊藤家の奥城を拝まれ、親教会を始めご縁につながるお教会の奥城を丁寧に拝んでおられたのです。ある時、偶然に戦友(桂岡正三命霊神)のお墓を見つけられたのです。桂岡正三氏は同じように訓練を受け、満州・中支へと戦場に出征なさった後、フィリピン・パターン半島で戦死なさったのでした。それ以降、三代教会長先生は、その方のお墓も常に拝んでおられたのでした。

★すると、ある日突然、その方のご遺族から教会に「伊藤良三先生に祭主におつき頂いて、墓前で50年祭を仕えて頂けますでしょうか?」とお電話があったのです。どのような事情かは分かりませんが、わざわざ阿倍野教会にお願いしてこられたのでした。三代教会長先生の真心からのお祈りが霊様に届き、霊様がご遺族に働きかけられたのでしょう。それから、お祭りをお仕え頂かれ、阿倍野教会の霊舎にもお鎮まりになっておられるのです。

★霊様の働きは、生き死にを通して永遠に続くものです。亡くなられた霊様も、「天地の間に生き生きと働かせて頂きたい…」と願っておられるのです。そうした霊様方が次々と助かり、おかげを頂かれる道を歩まれるようにお願いさせて頂けるのが、このお道のご信心です。自分のことよりも先に、悩み苦しんでおられる霊様の助かりを願わせて頂くのです。生き死にを通して、天地の親神様の御神徳を蒙らせて頂くことが出来る世界を、金光様は開いて下さったのです。また、現在、生かして頂いている私達も助かることが出来るということは、実に有難いことです。

★『先の世までも持ってゆかれ子孫までも残るものは神徳じゃ。神徳は信心すればだれでも受けることができる。みてる(尽きる)ということがない』
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:36 | 令和3年の「み教え」

2021年04月10日

●真の種を蒔く

 伊藤ハル刀自が、群馬県まで大正11年当時にお話しに行かれたことを、蒲田氏から詳しく聞かせて頂きましたが、蒲田家も群馬県や栃木県からも御大祭の折には阿倍野教会まで参拝され、真心からご信心を進められました。

★阿倍野教会では、ご信者がお宅祭をお仕えなさる時には、ご信者と事前から打ち合わせ等をさせて頂き、準備をさせて頂きます。特に、ご信者が初めてお宅祭をお仕えなさる時には、初代教会長先生のご時代から準備に出向かれ、御神前のお掃除、お供え物のしつらえ等も一緒にさせて頂かれました。その様にさせて頂いておりますと、段々と、ご信者だけでお祭の準備が行き届いてさせて頂けるようになられ、より一層真心のこもった、有難いお宅祭をお仕え出来るようになっていかれます。

★遠方に転宅なさったご信者のお宅へでも、教会から車で、あるいは、必要であれば新幹線や飛行機を利用して出向かせて頂き、お宅祭をお仕えさせて頂きます。二代教会長先生・三代教会長先生も、そのように遠方のご信者のお宅へ出向かれ、家族親族・お導きの方々と共にお宅祭をお仕えになられました。そのような有難い歴史の中で、ご信者の方々が真心を込めてお礼参りをさせて頂かれ、御大祭を初めとする御祭典にも、全国遠方各地からも真心込めて参拝なさっておられますことは、真に有難いことと思わせて頂きます。

★今日のコロナ禍では、人と人との接触を出来るだけ少なくし、一刻も早く感染が収束することを皆が願い、それぞれの所で日々取り組んでおられることと思います。そうした中で、どのようにして神様に対して、あるいは人に対して、真心を向けさせて頂き、真心を現わしていくかが、良い関係を築く上でとても大切になってくると思います。

★5月11日にお仕えさせて頂く天地金乃神様の御大祭に向けて、それぞれに御礼の真心を神様に向けさせて頂いて、有難い御大祭のご庇礼を蒙らますよう願わせて頂いております。『世に一粒万倍ということがあるが、その一粒万倍は、蒔いて生ずるのか、蒔かずに生ずるのか。蒔かずに生えたものには確かなものはない。また、種を蒔かずに収穫のできることはない。信心も真という種を蒔けば、神さまから万倍にして戻してくださる。』(金光四神様のみ教え)

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:01 | 令和3年の「み教え」

2021年04月09日

●常平生から手厚く信心をする

昨日は、みかげ会例会が開催され、蒲田氏より大変有難いおかげ話を聴かせて頂きました。

★お祖父様が、神戸で貿易商をしておられましたが、倒産し阿倍野区吉野通りへ引っ越してこられました。そこで、お祖父様とお祖母様とお母様が、伊藤ハル刀自(伊藤コウ師の御母堂)からお導きをして頂かれたのが、蒲田家の入信の始まりです。大正11年頃、伊藤ハル刀自とお祖母様が、お祖父様の実家である群馬県太田市へ行かれ、近所の人に集まって頂いて、伊藤ハル刀自が金光教のお話をなさりました。その場所が全性寺というお寺の本堂であったということでした。群馬県太田市へ行かれるだけでも、片道一日以上はかかる程の遠方であったにも関わらず、お話にいかれたということからも、お道の有難さを伝えて頂こうとなさるその熱意の程が分からせて頂きます。

★妹さんが三歳の時、お母様が近所の人に田植えを頼まれて手伝いに行かれ、蒲田氏と妹さんは、お母様が仕事をされている近くの小川の橋の上で遊んでおられました。お母様が休憩中にその橋に来られたときに、妹さんがバランスを崩され、増水した川の中に転落してしまわれたのです。それを見られたお母様が、すかさず「金光様!」と叫ばれ、川の中に飛び込んで行かれたところ、ちょうど妹さんの首が右手に触り、掴んで引き上げ、無事に助けることが出来られたのでした。お母様はよく、[何をするにも「金光様」と言ってしなさい]と子供達に教えられていたということです。後にお母様は、近所の人に金光教の信心の有難さを話されるようになられたそうです。

★信心の始めである、お祖父様、お祖母様、お母様の熱心な信心を受け継がれ、ご家族中が有難いおかげを頂き続けておられます。私達も信心に励み、めぐりをお取り払い頂き、お徳を積む生き方をさせて頂いて、結構に子孫が続いておかげを頂いていくように願わせて頂きたいと思います。

★『病気災難があったからと言うて、にわかに信心を始めるよりは、常平生から手厚く信心をしておれ。手厚い信者であれば神から心配してやる。いかに大病とか九死とかいう病難でも峠をこえさせて全快させてやる。とかく信心の地を肥やしておけよ。』
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:46 | 令和3年の「み教え」

2021年04月08日

●御大祭を機に改まったご信心を

 昨日は、御本部の天地金乃神大祭に、二名が代表参拝させて頂きました。御大祭は、各家庭が入信の以前から入信の後、そして今日まで、どのようにおかげを頂いてきたかを振り返らせて頂いて、お礼を申させて頂く大切なご祭典です。

★私達は、初心を忘れていないでしょうか?初心とは素直さ・謙虚さ・熱烈さ・純真さ等々、そうした大切なものです。穢れや混じりのない無垢な心というのは、なかなか保ち難いものですね。「お礼の心に満ち満ちて」「喜びに満ち満ちて」という言い方をさせて頂きますが、一瞬はそのようになれても、その後すぐに心が変わってしまうことはよくあります。常に変わらないように、心のおかげを頂いていくことは、簡単ではありません。「有難いの一心」にならせて頂けるよう、毎日が和らぎ喜ぶ心にならせて頂けるよう、稽古を続けさせて頂くことが、私達の日々のご修行です。

★健康な状態にならせて頂くには、そのおかげを頂く基がありますね。お礼を申すべきところに、お礼が申せていないという生活を改めることで、おかげを頂く生活になっていきます。結構な生活が続かないということは、どこかに積もり積もったご無礼があるはずです。それが体に現れて、仕事に現れて、生活に現れるのです。これまでのお礼をしっかりと申し上げることが出来るように、良い機会を神様が与えて下さっているのです。その機会を与えて頂いていることを喜んで「考え直しをし、改まる機会を与えて頂いて有難うございます」とお礼を申し上げる心にならせて頂くと、次の段階へ進ませて頂けます。改まりが出来ていくからこそ、一段一段信心が向上していくのです。

★福田美亮師がみ教え下さっていますように、御大祭を機に、自身の生活が不足がちになっていないだろうか?と自分自身に問いかけ、自分の過ちに気が付かせて頂いて「こんなことでは相済まん。申し訳ございません」と心を改めることが改まりの信心です。目の前に神様から突き付けて頂いている信心の課題は「おかげにさせて頂けよ」と与えて頂いているのですから、改まった心持ちでご信心をさせて頂きましたら、改まったおかげが頂けるのです。

★御大祭を機に、一層改まっておかげを蒙らせて頂こうという心が、有難い御比礼を頂いていく元になっていくのです。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:08 | 令和3年の「み教え」

2021年04月07日

●疑う心を取り除く

あるご信者が、会社に入社して5年の御礼の宅祭を、お仕えになられたことがありました。家族中が終始涙を流しておられたのは「ありがた涙」でした。

★なぜなら、アルコール依存症で働くことも出来ず、入退院を繰り返しておられたご主人が、神様にお縋りして依存症全快のおかげを頂かれたからです。

★ご主人は、伊藤コウ師より『あなたは、一番給料の低く、また、家から遠い所へお勤めに行きなさい。』とみ教えを頂かれました。お酒を好きなだけ飲むためのお金と時間がないように、環境を整えることを教えて下さったのです。それから、「今日も一日、しっかりと働かせて頂けますように!今までのご無礼はお許し下さい。酒一滴も口にせず、どんな誘惑にも打ち克つことが出来ますように!」とお願いして一日が始まり、「今日も一日、しっかりと働かせて頂きました。有難うございました。」と御礼を申して帰られる生活が始まりました。お酒を飲むと、数日でも家に帰って来なかったご主人が、本気で変わるようお願いなさり、朝早く朝食を終えられて、朝参りしてから直接会社へ出勤され、帰りに教会へ参拝なさってから、自宅へ帰られる。寄り道もしないように毎日の生活が変わられたのです。そして仕事において異例の出世のおかげを頂いてゆかれたのでした。面倒な事や利益の薄いこと、人の嫌がることような難しい仕事を、自分が進んでさせて頂きますと、そのご修行により自身を鍛え頂き、変わらせて頂くおかげが頂けるのですね。

★お広前は、有り難いご神徳に満ち満ちており、日々心を改め磨いてゆくことを願わせて頂き、参拝させて頂きますと、結構に心を浄化して頂けます。私たちは生まれてくる時に、神様から尊い御分霊を授けて頂いておりますが、油断しておりますと、それを覆い隠すように不成心が沸き起こってくるのです。

★それは、次のようなことです。
○貪(欲深く自分に取り込もうとする心。)
○瞋(怒りは自分の身も心も、周囲の人の身も心も害してしまう。)
○痴(非理性的なこと。愚痴不足を言うこと)
○慢(横着、気まま我がまま)
○疑(疑いの心)
心のご修行とは、わが心を汚す諸々のことを一つ一つ取り除かせて頂くことです。

★『世の中で疑いが一番悪い。神に任して、一心に信心をせよ。任したうえは、神がよきようにしてやるのぞ。疑いを放れるの一つで、おかげをいただくのである』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:44 | 令和3年の「み教え」

2021年04月06日

●ものの命をどこまでも大切に

 私が高校生の頃、三代教会長先生より「この革靴は、ご信者さんが真心込めてお供えなさったものですから使わせて頂きなさい。私には小さいので履けないから、あなたが履かせて頂きなさい。」と仰って頂きました。

★そこで、早速その靴を履かせて頂きますと、私には随分大きいもので、指を何本か入れてもまだ余る状態でした。三代教会長先生に「これは私には大きいのですが・・・」と申しますと、「大きいなら履けるでしょう。靴の先に脱脂綿を詰めて履かせて頂きなさい。私も中学生の時にそのようにしたから・・・。」と仰って頂きました。仰る通り脱脂綿を入れさせて頂いたのですが、靴を脱ぐ度にその脱脂綿が靴下に付いてどうしようもありません。そこで、何とか工夫してその靴を履かせて頂けるよう、中敷きをいくつか敷いて履かせて頂きました。

★何年も履かせて頂いているうちに、靴の底がすり減ったり、革が破れかけたりしたのですが、その度に当時晴明通りにあった靴の修理屋さんに持って行き、何度も修理して頂きました。その修理屋の方が「これだけ修理されるなら、新しいものに買い替えられたらどうですか。」と言われるほどに長く大切に履かせて頂きました。高校生から履かせて頂いて、大学生・社会人と、大切に履かせて頂くことが出来たのでした。そのことで分相応を教えて頂き、無駄のないようにさせて頂くことが、心豊かな生活をさせて頂く元である事を教えて頂いたのでした。

★全てのものには命があります。物を大切にさせて頂くということは、その物の命を大切にすることであり、その物に関わる人の働き、思いを大切にするということにもつながります。そのような生き方が身に付かせて頂きますと、心が豊かになることは勿論のこと、神徳人徳を頂いて、物質的にも豊かなおかげを頂くことにつながるのです。

★『昔から、あの人は正直者じゃ、神仏のような人じゃという者でも、だんだん不幸なことが重なって、世間では、どういうものであろうというようなことがあろうが。人に悪いことをせぬ正直者でも、人がよいのと神に信心しておかげを受けるのとは別物ぞ。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:53 | 令和3年の「み教え」

2021年04月05日

●神様にお喜び下さる願いを立てる

阿倍野教会が吉野通りに布教の初めの頃のことです。ご近所のある方が初めて参拝された時、初代教会長伊藤徳次師と二代教会長コウ師がお留守で、お広前にはコウ師のご母堂であるハル氏が座っておられました。その方は「この神様は、何でも願えば聞いて下さると聞いたので、参拝しました。今、わが家に身よりのない居候が住み着いています。腎臓病や肝臓病などの病気をして、体は浮腫で腫れ上がってしまい、現在は危篤状態に陥り、医師も見離してしまいました。いつ死ぬか、いつ死ぬかと毎日待っていますが、なかなか死にません。この厄介者が早く死にますように、神様にお願いしてください。」と話されたのでした。

★ハル氏は[この金光様のご信心は、そのようなお願いは致しません。お断り致します。「どうぞ、生かして下さい」というお願いならば、お取次ぎさせて頂きます。よく考えてみなさい。今、あなたは死にたいですか?大病をしたとしても、何が何でも生きたいと願うでしょう。それは、生命を与えて下さり、生かして下さろうとなさる天地金乃神様の御心です。「どうあっても生かしてやりたい」と思って下さる神様に対して、「死なせて下さい」というお願いは親不孝になりますから、そのようなお願いは出来ないのです。]とご教導なさったのです。

★それを聞かれたその方は、自分の過ちに気付かせて頂かれ、[私は考え違いをしておりました。申し訳ありませんでした。それではお願いを変えさせて頂きます。「どうぞあの方の病気が早く治られて、一日でも長生きして頂けますように」というお願いでしたら聞いて頂けますか?]とお尋ねになりました。ハル氏は「喜んでさせて頂きましょう。3日間の日を切ってお願いさせて頂きましょう。」と仰いました。

★すると、居候の病人のお方は、3日目に全身の浮腫が引くおかげを頂かれ、何も食べられなかったところが、おこわ(餅米)を食べさせて頂けるようになり、お世話になった人に対して「この御恩は忘れません!」と大変喜んで御礼を申されました。そうして色々と食物を頂けるようにまで回復され、後に、眠るが如く息を引き取られたのでした。お世話なさった方も、熱心に信心されるようになられ、正しいお願いがさせて頂かれるようになられたのでした。

★後に、コウ師は「私たちの教導が至らないために、ご布教がまだまだ行き届いていない時には、こんな間違えたお願いをする人がご近所におられました。これは、私たちの教導が至らない、そしてお導きが足りない結果です。もっと早くこのお道が伝わり、ご近所の方々が正しいお願いをされ、正しく信心をされて地域・社会が助かり、立ち行かれますように御用させて頂きたいと思わせて頂きます。」と仰せになり、願われたのです。神様にお喜び下さる願いを立てさせて頂き、神様のお心に適う生き方をさせて頂ける方が、次々と増えてゆかれますように、お導きの御用にお使い頂きましょう。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:47 | 令和3年の「み教え」

2021年04月04日

●信心の日を絶やさぬように次々と伝えてゆく

『水は方円の器に従い、人は善悪の友によるというが、家庭は器のようなものである。水は円い物に入れれば円に見え、角の物に入れれば角に見える。家内中が真の心を持ち、神様の氏子をお預かりしておるという尊き心持ちで家業を潔く働き、親兄弟に親切をして信心に油断なく、教育に油断がなければ、先祖へご無礼なく、国家繁盛のもととなるから、日々家業を働く心と真心とを失わぬよう、今月今日で信心するがよろしい』

★2日には、月例祭に併せて勧学祭を無事仕えさせて頂きました。私達は微力でありますから、一人で何が出来るというわけではありません。しかし一人一人が願いをもって取り組ませて頂くことによって、世の中全体に波及していって、良い方へ変えていく大きな力にしていくことは出来るのです。私達は世の中を良い方へ変えていく大きな働きが出来るのです。

★微力ではありますが、無力ではありません。微力は有力であり、集まりましたら大きな力となっていきます。これから未来の社会を担って行かれる方々が、どのように興味を持って勉強され、さらに求めて研究をなさり、どのように世の中のお役に立たせて頂かれるかを楽しみにお願いさせて頂きたいと思います。世の中が良い方へ変わっていきますようにと、同じ方向へ願わせて頂く方々が増えていきましたら、どれ程有難いことであるかと思わせて頂きました。

★人は育つ環境や、周囲の方々によって、影響を受けて人格が形成されます。私達がご信心を基にして、自分自身を育てさせて頂き、それに続く人を育てさせて頂くことが大切なことです。人が育つということは力を必要としますし、時間がかかります。そこに、一所懸命注力していかなければ、簡単に人は育ちません。その為には、まず自分自身が改まって、おかげを頂いてゆかねばなりませんね。

★家内中が揃って、良い方向へと進ませて頂く努力を惜しまずに、たゆむことなく続けさせて頂きましたら、有難い未来が開けていくのです。良い方向へ導いていくように、信心の火を絶やさないように、おかげを蒙らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:58 | 令和3年の「み教え」

2021年04月03日

●『出来てくること皆おかげ』

昨日は、月例祭に併せて令和三年の勧学祭を、無事にお仕え申し上げることが出来ましたことは、真に有難いことでございました。児童・学生の方々の進学進級の御礼と、新年度も心身共に健康で、信心を基にした勉強と御用に励ませて頂いて、神徳・人徳・学徳が蒙れますように、共々にお願いをさせて頂いたことでした。

★二代教会長伊藤コウ師のお母様・ハル氏は、コウ師に師範学校へ入ってもらいたいと、強い願いを込めておられました。しかし、コウ師は、「どうあっても女学校へ入りたい!」と思われ、ハル氏のお言葉を振り切り、清水谷高等女学校へ受験の願書を提出されました。受験当日、コウ師は試験会場の門前で、受験票を忘れて来たことに気付かれ、急いで帰って受験票を持って引き返されました。しかし、数学の時間は余すところ僅かとなっており、満足な解答が出来ず、不合格となられたのでした。

★そのことについてハル氏は、「おかげや!おかげや!」とずっと仰っておられたのでした。出来てきたことは神様のお繰合せであり、ハル氏の受け取られ方は、ただ「有難いの一心」であられたのです。 翌年、コウ師は師範学校を受験され合格されました。そしてコウ師は、四年間一日の欠席もなく、優秀な成績で卒業されたのでした。コウ師はハル氏やお姉さん達から、信心をもって、どのような結果も有難く受け切ることを実践しておられる姿を見せて頂かれ、「出来てくる事は皆おかげである」という深い意味を教えて頂かれたのです。

★伊藤コウ師は、「にわとりが大地に餌を探してついばむように、喜ぶことを探して、小さいことでもしっかりと御礼を申させて頂く稽古をさせて頂きましょう」と常にみ教え下さいました。明るい心で、先を楽しみにお願いをさせて頂くことが、ご信心の上で大切です。また、思い分けの出来る賢さを身に付けることも必要です。

★出来てきたことを、おかげにさせて頂ける人間にならせて頂けます様、普段から求めて、有難い部分を見る稽古をし、喜び上手な生き方に努めさせて頂きましょう。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:46 | 令和3年の「み教え」

2021年04月02日

●天地日月の心になること肝要なり

『金光様は喜びの道を開いてくだされたのじゃから、それをご信心申す者が、喜ばぬつらい顔をして日を過ごしてはならぬ。天地の親神様をご信心するのじゃもの、天地のような広い心にならねばならぬ。』

★教祖様は、『天地日月の心になること肝要なり』と、み教え下さっておられます。お土地は全てのものを受け入れて下さいます。汚いものでも分解して肥やしにして下さいます。大きく受け止めて下さる包容力があり、寛容であられます。日のお照らし、月の光は明るく皆に平等に降り注いで下さいます。どんな人に対してでも、神心を表に出させて頂く明るさを持ち、天地のような広く大きい心になることを願うように教えて頂いております。

★日月と書きますが、日と月の漢字を合わせますと、「明るい」という字になります。明るい心で先を見通せるように、また思い分けのできる賢さを身に付けさせて頂きますように、ということも教えて下さっているのです。人を受け入れ、足りないところを足せるようになるには、それだけ心が広くなくては出来ることではありません。

1)明き・・・先を楽しみに、明るい心で、思い分けの出来る賢さを持ち、起きてきた事をおかげにさせて頂く。
2)清き・・・悪いことを思わず、言わず、人を不足に思わず、人のことを祈ることが出来るよう、常に心を清く保ち、神心を養う。
3)直き・・・素直にみ教えを頂き、真に有難く思い、自ら進んで実践を心掛ける。

★信心にも成長段階があります。初めは赤ん坊の信心から始まり、小学、中学、高校、大学の信心を経て、一人前の真の信心へと、進ませて頂けるように、日々信心の稽古をさせて頂きましょう。どこまでも神様に対して正直に、自分自身をみ教えの鏡に照らし合わせ、改まりの生活をさせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:50 | 令和3年の「み教え」

2021年04月01日

●「世の中にこんな方がおられるだろうか」

先月の30日に陶山氏の告別式をお仕え申し上げました。

昭和7年7才頃から親とともに参拝なさって日参と聴教に励まれ、御用に心を配られた陶山氏でしたが、3月28日に94歳7ヶ月で天寿を全うされました。

★2月13日には、医師から「危篤状態で看取りの状態に入ります。余命は1週間です。」とご家族に告げられましたが、それから6週間のお命を延ばして頂かれたのです。その間、点滴も出来られない状態でしたが、お水が頂けるようになり、ゼリーが頂けるようになって、さらには御神酒を毎日一口ずつ頂けるようになられたのでした。

誤嚥性肺炎を起こされることなく、一日一日お命を頂いて来られました。ご家族は毎日、陶山氏が入所されていた施設にお見舞いに行かれ、一生懸命神様にお縋りなさって、一日一日を陶山氏と共に大切になさって来られたのです。

★陶山氏は最期まで意識があり、会話も出来る状態であられたとのことですが、「痛い」「辛い」「苦しい」等の言葉は口に出されることなく、とにかく「嬉しい」「有難い」「有難うございます」としか仰らなかったそうです。

そのお姿に、施設の職員さんをはじめ、お医者さんや看護師さんは感心なさって、「世の中にこんな方がおられるんですねえ...」「私達もお世話をさせて頂いて、良い勉強をさせて頂きました。」と口を揃えて仰っていたということです。

お命を長らえて頂いているという有難さ、また、喜びに満ちておられるお姿、そして、ご家族が愛情深くお世話をなさっているお姿、家中がご信心をさせて頂いてお徳の積み重ねにより、このようなおかげを頂いてこられた陶山氏をご覧になって、「世の中にこんな方がおられるんですねえ...」「私達も良い勉強をさせて頂きました。」と感じられたことと思います。

★『金の杖をつけば曲がる。竹や木は折れる。神を杖につけば楽じゃ。神は曲がりも折れも死にもなさらんからのう。』


【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆

posted by 金光教阿倍野教会 at 05:45 | 令和3年の「み教え」