金光教阿倍野教会ページ内リンク


2021年01月11日

●心身の若さを保つ秘訣

 昨日は、御本部年賀参拝を天候気象の上にも有難いお繰り合わせを頂き、自家用車や新幹線などを利用して、244名の方々と共におかげを蒙らせて頂きました。また、阿倍野教会のお広前からも多くのご信者皆様が、共々に御本部を遥拝させて頂きまして、御礼を申し上げることが出来られましたことは、真に有難いことでございました。

★脳が若さを保つ秘訣とは・・・
・感動(感謝)すること
・色々なことに興味を持つこと(探求心、研究心を失わない)
・工夫をすること
・謙虚であること(驕りがましい心は、心も体も蝕んでゆく。)
・心配り(何事にも先ず段取りを考えさせて頂く。段取りを考えることが出来るということが、生き抜いてゆく力を養っていくことになる)

★このような観点から考えさせて頂きましても、ご信心は真に有難いことだということが分からせて頂きます。日々新たな気持ちで、お取次、み教えを頂いて、感謝の心を新たにさせて頂き、今日よりも明日、明日よりも明後日はと、信心が成長させて頂けるよう願って、稽古に励ませて頂くことによって、心も体もいきいきとさせて頂くことが出来るのです。「50、60花ならつぼみ、70、80は働き盛り」とみ教え頂いておりますが、そのように心掛けて、日々ご信心に励んでおられる方々は、年配のお方も若々しくいきいきとなさっておられます。

★また、成長や、若返りを促すホルモンは、夜の10時から深夜の2時に一番多く分泌されるといわれております。夜は、次の日の段取りを早めからさせて頂いて、早く休ませて頂き、朝は早く起きて朝参りをさせて頂き、一日の始めにみ教えを頂いて心に栄養を頂き、その日のことを丁寧に神様にお願いさせて頂くのです。寒修行にふさわしい、寒い日が続いておりますが、喜びに満ち満ちて、日参と聴教、御礼のご修行に励ませて頂きたいと思います。
金光教阿倍野教会 【日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:37 | 令和3年の「み教え」