金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年05月21日

●変わりなくさせて頂けることが有難い

『同じことを繰り返す毎日をつまらんことじゃと思わずに、変わりなくさせてもらえるのは有難い、と心得てしたら、おかげで繁盛します』
日々変りなく食べることが出来、寝ることが出来、仕事をさせて頂ける、あるいは、学校に行って勉強させて頂ける、というのは、これ以上ない有難いおかげを受け続けている毎日なのですが、ともすると私達は、つい「変化がなくて面白くない毎日だ」等と口走ってしまったりして、不平不足の心が出ることがありますが、これは大きな間違いであったことが、この度の新型コロナウイルス感染拡大に伴う生活の変化によって、身に染みて分からせて頂いたのではないでしょうか。

★三惚れの信心(現在の環境を喜ぶ)
1)家族に惚れる・・・神様から授かった家族ですから、「こんな有難い家族はない」と喜ばせて頂く。
2)仕事に惚れる・・・神様から与えて頂いたお仕事を「天職だ」と喜び、こつこつと地道に励ませて頂く。
3)土地に惚れる・・・住まいさせて頂いているお土地、商売させて頂いているお土地を、「これ以上ない結構なお土地で有り難い」と、喜ばせて頂く。

★家族が一緒に生活をさせて頂けることも、決して当たり前のことではありません。世の中には、昨日まで普通に生活が出来ていた家族が、ある日突然、一家離散となるような憂き目に遭う方々もおられるのです。それは、決して遠い世界の話ではなく、今日の日本の、身近な所で起こっていることです。この度、銘々が経験した「不自由」をおかげにさせて頂けるよう、今日頂いているお恵みを、「失ってから気付く」というのではなく、いつも小さなことでも喜びを探してお礼を申す稽古をさせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:49 | 令和2年の「み教え」