金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年05月05日

●天地のお徳を十分に現す生き方

『食物はみな、人の命のために、天地の神の作り与えたまうものぞ。何を飲むにも食べるにも、ありがたく頂く心を忘れなよ』と、み教え頂いておりますように、お水の一滴、お米の一粒も、天地の有難いお恵みです。拝んで有難く頂くことによって、天地のお徳を身に十分に頂くことが出来、心も体もより一層健康に保たせて頂くことが出来ます。反対に、お粗末な頂き方をしていますと、天地に対するご無礼、また、人様の働きに対するご無礼が重なって、難儀の元となる恐れもあるのです。

★引き続き、緊急事態宣言の発令下にあり、その期間も月末まで延長されました。なるべく自宅で過ごすよう要請して頂いておりますから、平常よりも、自分の生活の在り方等を、改めて考え直す機会を頂いたと思って、次のようなことを、見直させて頂きましたら、有難いと思います。

一、食物、お水を御礼を申して、拝んで頂いているでしょうか?
二、毎晩、お礼を申しながら安眠熟睡ができているでしょうか?(睡眠は、病気の予防であり、治療になります。また、日中に得た知識は睡眠中に定着するのです)
三、悪習慣を改めることを心掛けているでしょうか?
四、適度な運動が出来ているでしょうか?(特に歩くことが大切ですね)
五、日常生活の出来事で、一喜一憂していないでしょうか?(事の大小にかかわらず)
六、絶えず、起こりくる問題に取り組ませて頂く姿勢を保つことが出来ているでしょうか?
七、実意 丁寧 正直 親切を心掛けているでしょうか?
八、人格の向上の為に、知識・教養を身に付ける努力をしているでしょうか?
九、強く確かな信心をさせて頂くことが出来ているでしょうか?

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:01 | 令和2年の「み教え」