金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年04月30日

●神の大恩を知る 

4月も月の初めから今日まで、一日一日お守りを頂き、有難いおかげを蒙らせて頂いて、月末を迎えさせて頂きました。ひと月間の御礼を申し、5月を迎えさせて頂く準備、御大祭を迎えさせて頂く準備に心新たに取り組ませて頂けるよう、共々にお願いさせて頂きたいと思います。

★緊急事態宣言が発令されている最中ではありますが、現在与えて頂いている生活をしっかりと喜ばせて頂きましょう。お命を頂いていることは、奇跡的なおかげを頂いてのことですから、そのことを第一に御礼を申させて頂きましょう。また天地のお恵みを享受させて頂いて、日々私達は生命を繋がせて頂いて生活させて頂いております。お水も空気も食物も、神様からの賜り物として与えて頂いており、その賜り物を本当に心から有難く頂いて生活させて頂くことが大切です。また、家族や親族等、周囲の方々との人の繋がりを与えて頂き、また結構な仕事や職場を与えて頂いております。さらにはお土地や住宅を与えて頂き、様々な環境を整えて頂いて、今日有難い生活をさせて頂いております。普段当たり前のように生活させて頂いておりましたことが、この度の緊急事態宣言が発令されたことにより、当たり前ではなかったことに誰もが気付かされます。健康で円満に生活し、健康でお仕事に精励させて頂けますことは、どれ程幸せで、有難いことであったかということが、改めて分からせて頂きます。その有難さを忘れることなくしっかりと心に刻み、毎日御礼を申して生活させて頂きましたら、この先の生活がどれほど充実して有難い日々を過ごせるでしょうか。

★現代に住む私達は、有難い生活をさせて頂いております。洗濯も昔は一日仕事であったことが、今は全自動で仕上げてくれますね。お風呂もスイッチ一つ押すだけで、お湯加減まで調節してくれて、お風呂を沸かしてくれます。またご飯を炊くのも、昔はかまどで炊いていたところが、今は炊飯器で炊くことが出来ます。また交通の便でも、最近では新幹線や飛行機、そして自動運転の車が開発されるなど、技術がどんどんと進歩し、さらに便利で快適な生活が出来るような時代になって参りました。しかし、それらすべて神様からの賜り物を頂いて成り立っていることです。そのお恵みを、私達は利用するだけ利用して、一言の御礼も申さずに、有難さも感じておりませんと、神様はお嘆きになられます。

★本当に心の底から有難いと思って、全ての賜り物に御礼を申しながら生活をし、その心を大きくさせて頂くことが、信心の稽古となってゆくのですね。

★『信心して神の大恩を知れば、無事達者で子孫も続き身代もでき、一年まさり代まさりのおかげを受けることができるぞ。』
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:49 | 令和2年の「み教え」