金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年04月01日

●困難な出来事から学ばせて頂く

 商業繁盛十訓というものがあります。(1)信用第一。(2)いつも自信を持ってにこやかに。(3)商品は金銭同様、丁寧に扱う。(4)今日の仕事は今日のうちにする。(5)急がず怠らず一歩一歩前進する。(6)常に創業時代の心持ちを忘れないように。(7)石にかじり付いてでも努力する。(8)省みて天地に恥じない商売をする。(9)人より恨みをかう因を作らない。(10)困難は神様が示す試練であると悟る。

★商業繁盛十訓は、商売をさせて頂く上だけでのことではなく、生活させて頂く上で全てに於いて言えることだと思います。今日から4月が始まります。3月も日参を続けさせて頂かれたことは、大変有難いことでした。続けさせて頂くということが、神様からご信用頂けることに繋がるのです。『手厚い信者であれば、神から心配してやる』とみ教え頂いております。そのようにおかげを蒙らせて頂ける日々にならせて頂きたいものです。そして自信とは、信念をもって続けさせて頂くから身に付いていくのです。信念をしっかりと持たせて頂くことが大切です。

★今まさに、世界中が困難な状況に打ち克っていかなければならない時です。私達が自らを戒めて、天地自然の働きに対して畏敬の心を持ち、毎日の生活の中に、小さなところを疎かにしないようにさせて頂きましたら、段々と乗り越えさせて頂けると感じさせて頂いております。

★私達がこれまで当たり前のように感じてきた生活は、決して当たり前ではなかったことがよく分かります。様々な経験をさせて頂きますが、経験していくことを、本当に有難い勉強・ご修行にさせて頂ける人間に、ならせて頂きたいものです。その中から学ばせて頂いたことを、身に修めさせて頂いて、有難い生き方や尊い働きを残して、後世に伝えていく役目を果たさせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:29 | 令和2年の「み教え」