金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年02月22日

●日々改善し、進化してゆく

以前、ある自動車製造会社の下請けの会社で働いておられれるご信者が仰っておられたことですが、「取引先の会社から毎年、下請けの会社に対して何らかの改善を求められることがあります。」と話しておられました。

★いきなり取引先の会社から20パーセントのコストダウンを求められ、どのようにすればそれを実現できるかを考えてゆかねばならないそうです。それをクリア出来なければ、下請け業者として用いて頂けなくなるというのです。それが業績の良い時にでも求められるのですから厳しいですねえ。しかし、品質は維持しながら、競争力を高める為にはこれが良い機会だと前向きに捉えて、どんな厳しい状況が起こってきても、乗り越えてゆかなければならないわけです。品質にムラがなく、良いものが納められるように、日々改善し無駄のないように心掛けることが求められます。それを「こんな無茶苦茶な事を言ってこられたら、とてもやっていけない!」と投げ出してしまっては、仕事を続けていくことが出来ないのです。大変厳しい状況に思えることですが、それが仕事の改善に繋がり、より新しい技術を生み出していくことに繋がってゆきます。

★私達も銘々に与えて頂いているところで、日々改善させて頂くことを心掛けておりますと、よりレベルが高く、より細やかな仕事がさせて頂け、より高度な技術を身に付けさせて頂けるのです。仕事も人との付き合いも、実意・丁寧な生き方を心掛けていますと、神様からも人からも信用して頂き、人や物が集まって身についてゆきます。心のおごり、物質的なおごりを戒めていくことを心掛けましょう。

★人間が退化する因(ノーベル生理学・医学賞受賞 アレキシス・カレル)
1)飲食をむさぼる。
2)他を誹謗中傷し、嘘をつく。
3)二心を抱く。信頼を裏切る。
4)詭弁(つじつまの合わないことを強引に言いくるめようとする。)
5)口先上手で、余計な事ばかり話す。
6)享楽にふける。
7)愚にもつかない放送を見たり聞いたりする。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:10 | 令和2年の「み教え」