金光教阿倍野教会ページ内リンク


2020年02月01日

●「ありがたい」思う人には・・・

 毎日の生き方の積み重ねで、人間は代を重ねて進化することが出来ます。例えば、日本人は、多くの人が生涯の大半を陸の上で過ごすと思いますが、世界では、漁をするために毎日海に潜って、水の中で過ごす時間がとても長い生活を送る人々もおられるそうです。そうした人々の中には、10分もの間素潜りで息を止めたまま、潜り続け漁をすることが出来る人もおられるというのです。先祖から代を重ねて同じような生活を長年に亘って続けてこられた結果、水に潜り続ける生活習慣の積み重ねによって、脾臓の働きが発達し、体中に酸素を供給することが出来る能力が高まり、水中の活動に適した体に進化したのではないかと、考えられているようです。

★生活の積み重ねというのは、自分が生まれて今日までのことはもちろんの事、生まれる以前、ご先祖様からの積み重ねが、私達の心と体を作って下さり、その恩恵の中で命をつないで頂いているのです。例えば、体に傷を負っても、日にちが経てば治っていくのは、体に備わっている自然治癒力のおかげですし、風邪をひいても療養させて頂くうちに治るのは、体の免疫力がウィルスを撃退して下さるおかげです。皆、生まれながらに頂いている有り難い力であり、その他にも、知れば知るほど有り難い体の働きを頂いているのです。そこで、お礼の心に満ち満ちて、毎日を過ごさせて頂くことを心掛けてゆけば、親から子へ、子から孫へと、代を重ねておかげを頂く受け物を大きく育てさせて頂くことが出来るはずです。

★氏子の喜びが神様のお喜びにつながり、神様により一層喜んで頂けるような生き方になることが、氏子の一層の助かりにつながっていくのです。何事も生神金光大神様のお取次を頂き、日参と聴教に励ませて頂いて、有り難い生き方を積み重ねさせて頂くことは、自分の過去も未来も、また、ご先祖様から、子孫の端々まで有り難いおかげを頂く道となるのです。

★『ありがたい、ありがたいとばかり思う人には、ありがたいことばかり出来てきます』(三代金光摂胤様のみおしえ)

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 07:31 | 令和2年の「み教え」