金光教阿倍野教会ページ内リンク


2019年02月04日

●油断のない生活

 受験生の方々に対して、「勉強する前には、心中ご祈念して一生懸命お願いして取り組ませて頂きましょう。」とお話しさせて頂いております。お願いして取り組ませて頂きますと、集中力が高まってゆくのです。それでも集中が途切れますから、またご祈念させて頂き取り組ませて頂きます。しかし、また不成心が出て、心が乱れ、良からぬことを考えてしまいますと、また「金光様。」とご祈念して「〇〇の試験に合格出来るだけの努力がさせて頂けますように。」とお願いさせて頂くのです。毎日の生活も同様に、常に心を神様に向けてご祈念し、願い成就に向けて最大限の努力がさせて頂けるようにお願いをさせて頂くのです。おかげを頂いていく生き方を心掛けておりますと、そこには油断が生じません。心配は神様にお預けし、お礼の心に満ちて答案用紙に向かわせて頂けば、思い出すべきことも思い出させて頂け、実力以上の結果を頂くことも出来るはずです。

★ものごとが順調に、問題なく運んでいる時ほど油断なく、心中ご祈念を欠かさないよう、心掛けなくてはなりません。小さなことから大きなことまで、常に心中ご祈念を欠かさないようにさせて頂き、お礼の心に満ち満ちて、万事に取り組ませて頂きましょう。

★油断している姿とは…
1)願いの足らない生活…心から本気になってお願いし、願い成就に向けて真剣に取り組ませて頂き、最大限の努力を怠らないようにしましょう。

2)喜ぶ事を忘れた生活…『喜び上手がおかげの頂き上手である』とみ教え下さっています通り、毎日喜ぶことを探して、これをどのように喜ばせて頂こうか、あれもこれも喜ばせて頂こうと、喜ぶことを探す生き方に努めさせて頂きましょう。

3)足ることを知らない生活…与えて頂いていることを、嬉しく有難く活かして使わせて頂くようにいたしましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:51 | 平成30年の「み教え」