金光教阿倍野教会ページ内リンク


2018年11月02日

●実意丁寧に値打ちのあるお仕事をさせて頂く

 あるご夫婦が五ヶ年計画を立てられ、三代教会長先生にお届けに来られました。ご主人はあるお店で働いておられ、将来は自分の店を持ちたいと願っておられ、その為の準備をさせて頂く為に五ヶ年計画をお立てになったのでした。

★三代教会長先生は「お店を持たせて頂くという大きな願いを成就させて頂く為には、資金の準備も技術を身に付けることも努力も必要ですが、何といってもお徳を積むことが大事です。私達は天地にお命を頂いて生かして頂いているからこそ、何でもさせて頂けるのです。まず命を頂いていかねばなりません。次には健康のおかげを頂いていかねばなりません。しかし、毎日愚痴不足ばかり言っていたのでは、結構になっていきません。めぐりを積みながら生きていくのか、それともめぐりをお取り払い頂いて、しっかりお徳を身に付けて、お仕事をさせて頂くようになるのかということです。あなたがお徳を積ませて頂くには、今勤めさせて頂いているお店の為に、給料の2倍も3倍も値打ちのある働きをさせてもらうのです。一般的な考えで言えば、損に思えるかもしれませんが、それは天地にお徳の貯蓄が出来ていくということです。仕事をさせて頂く上で体裁だけ整えれば良いということではなく、たとえ面倒くさくても邪魔くさくても本当に真心込めて、相手が喜んで下さるような仕事を実意丁寧にさせてもらいましょう。そうしましたら[あの人に頼めば間違いない。値打ちがある。ごまかしがない。有難いことだ!]と、また頼んで頂けるようになるのです。実意丁寧にさせて頂こうと思いましたら、時間も手間もかかります。親切にさせて頂こうと思いましたら、親切・心配りが大切です。それがお徳を頂いていくことになるのですよ。」とお話しなされたのでした。

★給料の2倍も3倍もと言うと勘違いして「そんなこと言うてたら寝る暇もありません。」という方もおられます。しかしそうではなくて、同じ時間でも生かして使わせて頂き、充実した時間の使い方をさせて頂きましたら、有難いことに2倍も3倍も値打ちのある仕事になっていくのです。

★『実意丁寧、これが金光様が神様からご信用を受けられて生神様になられたもとじゃ。天地金乃神様を信心する者は、このもとの実意丁寧を一番に見習わねばならぬ。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:46 | 平成30年の「み教え」