金光教阿倍野教会ページ内リンク


2018年04月26日

●家内中が心を揃えて

お母様と共に熱心にご信心をなされた娘さんが、結婚なさった相手の方は、何と大変な大酒飲みだったのです。飲んだら何日も帰って来ないという程で、酒に狂ってまともに仕事も出来なくなり、アルコール依存症で、入退院を繰り返されました。

★奥さんは親先生から「何かの時にはお結界に言うてきなさい。お友達や近所に恥を売り歩く、というようなことをしてはいけませんよ」とみ教え頂かれましたから、子供さん達を連れて毎日お参りなさり、「今までのご無礼不行届きをお許し下さい。主人のアルコール依存症が治りますように、しっかりした働きが出来ますように、神様にお使い頂きますように」と一生懸命お願いなさったのでした。

★そうしますと、ご主人も参拝されて、神様に治して頂くと言う心持ちになられたのは実に有難いことです。入院するのではなく、自らお願いをして神様におすがりさせて頂くようになられ、お酒を飲むことを辛抱できるようになられたのでした。

★再就職の際には、数社の中から選ばせて頂くのに、親先生にお取次頂きますと、「一番月給が安くて、遠い会社にさせて頂きなさい。今までのあなたの働きぶりでは、たくさんお給料を頂いては月給泥棒となり、めぐりを積みます。だから給料は安いところで、寄り道の出来ないように遠い会社にさせて頂きましょう。しっかりと働かせて頂いて、人の二倍も三倍も値打ちのある仕事ぶりにならせて頂いたら、その苦労に対してお徳を頂けるのですから」とみ教えを頂きました。朝食を済ませてから朝にお参りさせて頂いて、一日のお願いをしてから出勤し、帰りにお参りをさせて頂いて、一日の御礼を申してから寄り道をせずに家に帰る、という毎日が続かれたのです。その後5年間無欠勤で勤められ、驚くほど早く昇給・昇進のおかげを蒙られたのでした。

★奥様が熱心にご信心を進められ、家族中が心を合わせて、本気になってお願いをさせて頂かれましたので、こんなに有難いおかげを蒙らせて頂けたのですね。そのようなご両親のお姿を見られた子供さん達にもご信心が伝わって現在も有難い信心が続いておられるのです。

★『信心には何を目的にすればよいか。病人は痛いのを治してもらいたいと願い、健康な者は、作がよくできるようにとか、商売が繁盛するようにとか願って参るが、それは一時のことである。信心するには、末の安心を楽しみにしないと信心が続かない。末の安心のためには、自分一人がおかげを受けただけではならず、子孫に伝わる信心をすることが大切である。痛いのを願うのは信心の糸口ではあるが、それでは、治ればお礼参りをして、その後は参らないということになる。自分の心を改めて、よい子供を得るということを、信心の第一の目的としなければならない。一代の信心は神様が喜ばれない。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:12 | 平成30年の「み教え」