金光教阿倍野教会ページ内リンク


2018年04月22日

●み教えを本当に頂いたら改められる

阿倍野教会のあるご信者が、胃の調子が悪くなりお届けに来られましたら、お結界の先生が「あなたは食べ物のご無礼があるに違いないでしょう」と仰ったそうです。

★ご信者は「先生、食べ物のご無礼とおっしゃいますが、長年ご信心させて頂いておりますから、滅多に食べ物を捨てたりすることはございません。ご無礼なことはせんように心掛けております。」とお話しすると、先生は「あなたはゴミ箱に捨てたりはなさらんでしょうが、あなたの胃袋に捨てておられる。信心するものはよくよく気を付けねばならん。『これも放っておいたら腐るからもったいない』と家族の食べ残しを食べたり、『これも少し傷んでいるが、もったいないから』と食べたりして自分の胃に捨てておる。それで胃の調子が悪いんですよ。」とみ教えなさったそうです。

★さらに「心配りをさせて頂かねばなりませんよ。家族が残さないようにちょうど良い量を、腹八分目で作らせて頂いたらよろしい。それが奥さんの務めですよ。何でも余計にと思って作りすぎてはそれが段々と溜まっていく。信心しているがゆえにゴミ箱にはよう捨てないでしょうけれども、ちょっと傷んで酸っぱくなったようなものも、もったいないからと言って食べる。それで自分の体を壊すのです。」とみ教えなさったのです。

★毎日の生活でもお米一粒・野菜のひとかけらを粗末にしないように心掛けておりましても、冷蔵庫の中で使わずに腐らせてしまうということもあるでしょう。常から心配りさせて頂いていても、至らないところはたくさんあるのです。お結界という場所、そしてみ教えを頂けるということが有難いですね。自分自身の至らないところに気が付かせて頂けるということは幸せですね。

★み教えを聞かせて頂いても「そんなことは以前からよく知っている」というように、おごりがましくも思ってしまう人こそ、物事を本当に分かっていなかったり、実践出来ていなかったりします。知っていると言いながら、知らないことや分からないことの方が多いのです。そうしたところを、見直し・聞き直し・考え直しをさせて頂いて、自分自身の心の中身を改めさせて頂き、おかげを蒙らせて頂きたいですね。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:53 | 平成30年の「み教え」