金光教阿倍野教会ページ内リンク


2018年04月15日

●有難いと分からせて頂ける私に

あるご信者が、何ヶ月か前から体に不調を抱えておられ、改まった心持ちでみ教えを頂き直して、ご信心を進めておられるのですが、

先日「このように体が動かないようになってから、初めて分かることがありました。それは今まで当たり前のようにしていたことが、大変なおかげであったということが分からせて頂けました。私は海外の出張も当たり前のように行かせて頂いて、他の人が経験出来ないほどの様々なことを次々と経験させて頂きました。有難いと分かっておりながら、お礼の足りないことでございました。

また海外の出張の時には様々なトラブルが起こってきました。しかし全てお願い以上のおかげを頂いて、ご都合お繰り合わせを頂いてきました。あれもこれも、おかげを頂き続けているのに、それが当然のことのように思ってしまっていた自分自身であったということに、改めて気付かせて頂いたのです。神様は私に気付くように体の不調を通して教えて下さっています。神様は私を可愛がって下さっているのですね。」とお届けが出来られたのです。そうしましたら、その後に感じておりました不調がすっと楽になられたのでした。

★神様はよく分かって下さっているのです。そして「今のままでは結構にならんぞ。このままでは先々が立ち行かないから、今のうちに心持ちを変えておきなさいよ」と教えて下さっているのです。有難いことですね。自分に都合の悪いことは、早く取り除いて頂きたい、とだけ願ってしまいますが、『難はみかげ』とみ教え頂いておりますように、何もかも出来てくることは有難いことばかりなのです。

「神様が一番良いようにして下さってる」「今こうして出来てくることは、神様が私を可愛がって下さっている証拠であり、その結果一番良いことが起こってきている」と有難いことが分からせて頂けましたら、そこからおかげを頂けるのです。

★『あなたが、親神様にああして下さいこうして下さいと色々に願うのも結構じゃが、それよりは、親神様あなたのおっしゃることがすぐ素直に有り難うございますと頂けるような人間にならせて下さい、というて願う方が心配がないぞな』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:52 | 平成30年の「み教え」