金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年11月06日

●明き清き直き心

『おかげを受けられるか受けられないかは、わが心にある。わが心さえ改めれば、いくらでもおかげは受けられる。』
 
★日々ご信心を進めさせて頂いて、信心が向上させて頂くということはどういうことでしょうか。

○常に心清らかに・・・み教えを頂いて心を明るく(明朗であるだけではなく、思い別けの出来る賢さを持つ)清く直く保つ。
○人間が円くなるように・・・腹を立てず、問題が起こっても、相手のことを祈ることが出来るようになる。たとえ、正しいこと言い正しい行いが出来たとしても、刺々しい心だと、周囲に良い影響を与えるとは言い難い。また、年を重ねれば円くなれるというものではなく、稽古が出来ていなければ、むしろ理性が利きにくくなり我が強くなってしまう恐れもある。
○難儀なことが起こってきても、そこをおかげにさせて頂くことが出来る
○神様から授かっている役目を明らかにして、責任を持って果たすことが出来る・・・家庭において、仕事場において、地域社会において、自分の置かれる持ち場立場で役目を十二分に果たさせて頂けるように。例えば商売であれば、同業の方の立ち行きを願わせて頂き、共に繁盛のおかげを頂けるよう願い、その為のお役に立たせて頂けるようなお徳と力を頂く。

★三年、五年、十年・・・と、信心を続けさせて頂き、日々信心向上のおかげを頂きたいと思います。生神金光大神様のお取次ぎを頂いて、しっかりとお願いをしながら物事を進めさせて頂き、その結果として都合の悪いように思えることが起きてきた時にでも、そこに込められたご神意を受け間違うことのないように。

また、願い成就のおかげを頂いたときも、決して信心に油断のないように、「今ここから!」という心で、一層熱のこもったご信心をさせて頂けるように。生涯かけて信心の稽古に励ませて頂きたいと思います。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:57 | 平成29年の「み教え」