金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年09月19日

●神様からの御試験

17日には台風18号が北上している中、御本部御礼参拝をさせて頂くことができました。前日の16日4時ごろに電話があり、JRの山陽本線が17日午後より運休との連絡が入りました。★早速、先生方、参拝会の方々と打ち合わせをさせて頂き、バス会社にバスを2台増発して頂くように段取りをし、先生方が手分けして午後9時半ごろまで列車で参拝される方々に連絡をさせて頂き、座席を用意して頂きました。列車に乗る予定であった方々のうち約120名の方々がバスに移行して、バス8台と新幹線や自動車で各地から参拝なさった方々、計436名の方々が共々に無事参拝させて頂くことができましたことは、真に有難いことです。

★参拝道中は全く雨も降らずに、また御霊地でもほとんど傘をさすことなくおかげを頂いたのです。バスの運転手さんが「今日は渋滞もなくスムーズに運転でき、今日ほど楽な運転はなかった。」と仰るほど、行きも帰りも道路は渋滞することなく、帰りは御霊地を1時に出発させて頂き、二回の休憩を取りながらも教会へ4時半に到着したのです。前日の16日の4時に連絡して頂いたことで方針が決まり、バスの段取りもさせて頂くことができ、何から何までお願い以上のご都合お繰り合わせて頂いたことを有難く感じ、金光様のお取次のお徳、親教会のお取次ぎのお徳によりまして、参拝のおかげを蒙らせて頂いたことであると、心からお礼を申させて頂いております。

★教祖様も神様からご信用を頂くために、様々な「おためしやご修行」等の御試験を受けられました。教祖様はその「おためしやご修行」等の御試験を通して、我を放すご修行をなさって、神様からご信用を受けられたのです。私達も家庭生活、社会生活の上で様々な神様の御試験があります。その御試験を通して、自分自身の信心の程度を思い知らされるのです。常に信心の中身を見直して、我を放し、様々な御試験に合格させて頂ける信心に向上させて頂きましょう。

★『神参りをするに雨が降るから風が吹くからえらいと思うてはならぬ。その辛抱こそ、身に徳を受ける修行じゃ。』
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆

posted by 金光教阿倍野教会 at 06:19 | 平成29年の「み教え」