金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年08月27日

●いざという時に、常のご信心が現れる

 先日の学生講演会に出場なさった中学生のご信者のお家は、和菓子屋さんを営んでおられます。去年の年末にもち米を蒸す機械が壊れてしまった時のお話をして下さいました。修理に来て頂いても、年明けでなければ修理が出来ませんと言われ、このままでは既に注文を頂いているお客様に迷惑が掛かりますし、仕入れている600キロのもち米も無駄になってしまいますから、機械無しで窯とせいろを使って手作業で蒸すことに決められたのです。

★学生講演会に出場なさったご信者は、家族の代表として毎日お教会にお参りされ「どうぞ、本日も注文を頂いているところ全てに、間違いがなく作らせて頂いて納めさせて頂けますように。お客様にご迷惑をお掛けしませんように。家中が皆健康で体を壊さず、怪我・過ちのありませんように。皆が力を合わせて乗り越えさせて頂けますように」とお届けなさったのでした。そして帰らせて頂いたら配達に回らせて頂く等、ご家族中皆が、それぞれに一生懸命お手伝いをさせて頂かれたのです。大晦日の夕方6時には、全てのところに注文通りに遅れることなく納品させて頂くことが出来、越年祭にお参りなさる事が出来るおかげを蒙られたのでした。お話を聞かせて頂いて、このご家庭の常のご信心が現れているなあと思わせて頂きました。

★ことが起こってきた時に、どうさせて頂こうかという時にこそ、普段のご信心の積み重ねが現れてくるのです。すぐに喧嘩をしたり、人のせいにしたり、愚痴不足を口に出して、心が乱れてばかりいては、難局を乗り越えさせて頂くことは出来ません。しかし、すぐに皆が力を合わせて、それぞれで精一杯努力や工夫をさせて頂いて、心中御祈念させて頂いて、気が付かせて頂いたところを、相談して行わせて頂くことを心掛けておりましたら、有難い結果とならせて頂けるのです。

★『なんぼう学問がある、理屈がよいというても、神様のご信心のことだけは、わかっただけでは役に立たぬ。わが心に食いこんで、事にあたって実際に出てこねば、神様のお徳はこうむれぬぞ。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:35 | 平成29年の「み教え」