金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年08月06日

●自ら求めてみ教えを頂き、今日を喜べる人間に

二代教会長先生は「『君子は道を聴くを好み、小人はこれを聴くを好まず』という言葉がありますが、ご信心させて頂いて、毎日日参と聴教に励んでお参りをなさっている方は、皆君子になっていきます。

朝早くから、『結構なお道のみ教えを聞かせて頂こう!』『人間としてこの世に生まれさせて頂いたからには、結構な人間たる有難いお徳を頂かせてもらおう!』と求めている方が、朝お参りをさせて頂いているのです。この言葉を聞いた時に、ご信心は君子にならせて頂けることを教えて頂いているんだなあと分からせて頂きました。

小人とはどんな人かと言いますと、我情我欲、我が力ですると思い、自分のことだけを考えて人のことはちっとも思わん。自分だけ良ければ良いという人が小人です。そういう人は自滅します。それと反対に有難いお徳を頂かせて頂く人間は、人をも生かし、自分も生かし、また神様にも喜んで頂いて、大きい有難い生き方をさせて頂いて、毎日毎日喜びが増えていくのです」とみ教え下さったのです。

★み教えをしっかりと頂かせてもらうということは、自分自身を良い方へ良い方へ導いて頂けるのです。「朝参りに起きようと思ってもなかなか起きられない時があります。二度寝してしまって遅れることもあり、申し訳ないことです。」とお届けなさったご信者があられましたが、そう言いながらも、毎日求めてお参りなさって、朝参りを続けておられます。そこで「自分自身は出来ていなくても、そういう心持ちで続けておられたら、神様が色々と整えて下さるのですよ。それに気付かせて頂いて、先々には『もったいないことだ、有難いことだ』と分からせて頂けるようになりますよ。先を楽しみに。」とお話しをさせて頂いたことでした。

★どんな状況でも『今日を喜び明日を楽しんでいく』ということを心掛けさせて頂かねば、ご信心は進んでいきません。そして稽古を続けさせて頂いておりましたら、段々と有難いことに気付かせて頂けるようになるのです。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:54 | 平成29年の「み教え」