金光教阿倍野教会ページ内リンク


2017年01月27日

●喜びを見つける

 先日あるご信者が、「寒い日が続きますが、積雪で苦労なさっている地域も多くあられますのに、雪も積もらず雪かきもせずに楽に暮らさせて頂いて有難いことでございます。」と話しておられました。この方のように、ものを不足に思わずに喜ばせて頂ける所を見つけさせて頂きますと、日々有難い心と身体になれるのです。また人間関係に於いても、目の前の人の良い所を様々に見いだせるはずです。悪い所が見えても不足を言わずに反面教師にさせて頂き、良い所を手本にさせて頂けば、全ての人が自分に教えを下さる人だと有難く思わせて頂けます。

★ところが、「あの人がどうだ、こうだ。この仕事はつまらない。」など、不足ばかり言っていると次第に誰も協力してくれなくなり、いずれ孤独になってしまいます。そうならない為には積徳を心掛け、人からも信頼を得る必要があります。

◎人望を得る為の条件 
1.途中で投げ出さない。最後までやり抜く。 
2.陰で人の悪口を言わない。言わせない。 
3.ごまかさない。 
4.正論で人を追い込まない。 
5.毎日休まずに続けていく。 

★話は変わりますが、先日あるご信者が、[本気でみ教えを頂くつもりになりましてから近頃は「私はこれまであれが足りなかった。これが足りなかった。」と気付かせて頂くことが多くて辛いのです。]と仰っておられました。「それは実は結構なことなのですよ。み教えを頂いて[あれが間違っていた。これが間違っていた。」と気付かせて頂けるということこそがおかげですよ。至らない所があるということを自覚させて頂いてから本当にお礼とお詫びが申せるようになり、正しいお願いをさせて頂けるのです。]とお話ししたことでした。

★私たちは夫々に「我よし」と思う心を取り去らなければなりません。「私ほどよくやっている人間はいない。私の言うことはすべて正しい。」などと思うこと自体が驕りがましいことです。私たちは、間違っている所を一つ一つみ教えに基づいて改まりを重ねてゆかねばなりません。だんだんと信心が進ませて頂くと良い方へ良い方へと導いて頂けるようになっていくのです。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:54 | 平成29年の「み教え」